Izayoi(別名:Luna)の、どうでもいい話やどうでもよくない話など。


by lunaticfantasy
これまで感覚的につけていた★の数字ですが、
自分自身の基準を明確化するためにも少し基準を定めることにしました。

値段
・主にコストパフォーマンスで評価。安いということはそれだけで価値を持つ。
ここには雰囲気の要素は加味しないが、味の要素は少し含まれてくる。

雰囲気
・店内の雰囲気が食事を楽しめる場所かで評価。
基本的に少人数で訪れることを基準に考えるので、宴会など大人数向けのお店は評価が低くなりがち。
見晴らしなどのロケーションも考慮するが、アクセス面の問題は一切考えない。


・純粋に料理の味で評価。ぶっちゃけおいしいかどうか。
当然1000円の料理より3000円の料理の方がおいしいのは当たり前だが、
コストパフォーマンスとしての部分はここでは考えず、単純に楽しめる味かどうかで考える。
物によって評価の分かれる味であることも多いので、その場合は総合評価。
同じ★3であっても、全部★3もあれば、★5がある一方で★1のメニューもあるという場合もありえる。


以上の基準だと、基本的に高級なお店の★が増えがちになります。
そこで、どれだけIzayoiがこのお店を推したいかを評価した

「お勧めランク」を定めました。
S・A~Eの六段階です。

ランクS:何が何でも一度は行ってみるべし。
Izayoiの超イチオシです。当然そう滅多にお目にかかることはありません。

ランクA:強くお勧め。
ぜひ他の人も連れて行きたいお店。
Izayoiがお客さんをご案内する際にはこのお店に入る可能性が高いと思います。

ランクB:価値は十分
いくつかの選択しで迷った場合には選ぶ価値が十分にあるお店。

ランクC:訪れても損はない
好きなジャンルのお店ならいいかも。
言うなれば「行きたい」と言われて「そこならいいんじゃないかな?」という返事を返すような場所。

ランクD:興味がある人ならいいかも
価値がないとは言わないけど、積極的には推したくないお店。
興味があるなら止めないけど、クオリティーは保証しないよといったところ。

ランクE:正直お勧めしない
Izayoiはもう行きたくないお店。
他の人が行きたいと言った場合は正直止める可能性が高い。

以上を参考にどうぞ。
[PR]
# by lunaticfantasy | 2011-12-31 23:59 | 食べ歩き

高松宮記念・予想

例年ドバイワールドカップの影に隠れて今一つ目立たない高松宮記念。
今年はヴィクトワールピサの優勝で、今月の競馬熱を燃焼させきってしまった感も否定できない。

しかし、阪神競馬場で行われる今回は、久々に国内の面子もそろった。

1-1 レッドスパーダ(牡5、横山典弘、美・藤沢和雄)
1-2 ショウナンアルバ(牡6、蛯名正義、美・二ノ宮敬宇)
2-3 サンダルフォン(牡8、武豊、栗・松永幹夫)
2-4 キンシャサノキセキ(牡8、U.リスポリ、美・堀宣行) ◎
3-5 ジョーカプチーノ(牡5、藤岡康太、栗・中竹和也) ○
3-6 アーバニティ(牡7、四位洋文、美・古賀慎明)
4-7 スプリングソング(牡6、池添謙一、栗・鶴留明雄) ☆
4-8 サンカルロ(牡5、吉田豊、美・大久保洋吉) △
5-9 ヘッドライナー(セン7、幸英明、栗・西園正都)
5-10 サマーウインド(牡6、福永祐一、栗・庄野靖志)
6-11 シンボリグラン(牡9、北村宏司、美・畠山吉宏)
6-12 ビービーガルダン(牡7、佐藤哲三、栗・領家政蔵)
7-13 ダッシャーゴーゴー(牡4、川田将雅、栗・安田隆行) ▲
7-14 エーシンフォワード(牡6、岩田康誠、栗・西園正都) △
8-15 ワンカラット(牝5、藤岡佑介、栗・藤岡健一)
8-16 ウエスタンビーナス(牝8、柴田善臣、美・鈴木康弘)

3強体制の今回はどれが勝ち馬とはっきりと言い切るのが難しい。
しかし、◎キンシャサノキセキの安定感を評価すべきだろう。
1200m戦は13戦で複勝圏内が10回。今年もオーシャンステークスで59kgを背負いながら2着したのを見る限り、
8歳になった現在でもベストに近い状態を維持しているように見える。
阪神の実績もあるだけに、3着軸とするには最適だろう。

○ジョーカプチーノは4歳冬からようやく本格化してきた。
1200m戦は現在パーフェクト勝率。
シルクロードステークスの勝ち方はやはり強かった。32秒台で京都内回りを上がれる馬はそう多くない。
直線の坂についても中山での実績を考えると、特に問題とはしないはず。
1番人気でおいしさを感じさせる馬ではないが、
人気どおりの走りに答える可能性は十分。

▲ダッシャーゴーゴーは3歳の段階でセントウルステークスを制覇。
スプリンターズステークスも降着したものの2位入線と、
これからのスプリント界を引っ張っていける存在であるということがでいるだろう。
オーシャンステークスで58kgを背負って勝利した実力は素直に評価すべき。

△エーシンフォワードは昨年のマイルCSをレコードで勝利。
香港マイルも4着と、決してフロックでないことは見せつけた。
もともとはマイル未満の距離で走っていた馬。人気の盲点になっているのはこれか。

△サンカルロは阪急杯を勝利してここに挑んできた。
1200mのレースはこれまでも実績を残せていないが、
昨年のスプリンターズ3着、高松宮記念4着と、常に一線級を相手に互角の勝負をしてきている。
前走を本格化の狼煙と見るならば、一気の奪取もあるだろう。

☆スプリングソングは元々京都巧者の印象がある。
しかし、京都内回りの小回りをこなしている以上、坂への適性があればここでも好勝負を期待してよい。
未知の可能性という点ではサマーウインドもいるが、芝への実績が既にある以上は、
こちらに阪神適性への可能性を求めるほうが妥当だろう。

3連複
4-(5・7・8・13・14)
以上10点で勝負。
[PR]
# by lunaticfantasy | 2011-03-27 08:58 | 競馬

お知らせ。

開設してから4年以上、食べ歩きと競馬を中心に更新してきましたが、
2月20日ごろをもって、食べ歩き部分について、全て閉鎖させていただきます。

現在、私のHP「Opera」について、改装を検討しておりまして、
改装後のコンテンツとして、これまでの食べ歩きを全て移管する予定です。

今後は、ゲームと競馬という趣味オンリーのブログになりますが、
今後もご覧いただける方はよろしくお願いします。
[PR]
# by lunaticfantasy | 2011-02-28 08:07
1-1 オーロマイスター(牡6、吉田豊、美・大久保洋吉)
1-2 コスモファントム(牡4、松岡正海、栗・宮徹)
2-3 ダイショウジェット(牡8、柴山雄一、栗・大根田裕之)
2-4 ライブコンサート(セン7、福永祐一、栗・白井寿昭)
3-5 バーディバーディ(牡4、池添謙一、栗・池江泰郎)
3-6 クリールパッション(牡6、津村明秀、美・相沢郁)
4-7 ダノンカモン(牡5、U.リスポリ、栗・池江泰寿)
4-8 ビクトリーテツニー(牡7、三浦皇成、栗・森秀行)
5-9 パワーストラグル(牡5、後藤浩輝、美・加藤征弘)
5-10 ダイシンオレンジ(牡6、川田将雅、栗・庄野靖志)
6-11 メイショウタメトモ(牡6、武豊、栗・武田博)
6-12 トランセンド(牡5、藤田伸二、栗・安田隆行)
7-13 フリオーソ(牡7、M.デムーロ、船橋・川島正行)
7-14 セイクリムズン(牡5、幸英明、栗・服部利之)
8-15 シルクメビウス(牡5、岩田康誠、栗・領家政蔵)
8-16 マチカネニホンバレ(牡6、A.クラストゥス、美・藤沢和雄)

フリオーソはいるものの、エスポワールシチー、スマートファルコンという最主力2頭がいないため、どうしてもやや小粒な印象を否定できない。このようなメンバー構成は2007年に類似の状況が発生している。
この時は平安S2着だったサンライズバッカスが優勝。
しかし、平安Sはフェブラリーステークスのステップとして、必ずしも良好とはいえない。
上位乳戦を果たすのは、どちらかといえば根岸ステークス組。しかし、優勝馬のセイクリムズンは、これが1600m初経験。それがGIではいくらなんでも荷が重い。
今回最有力視は◎バーディバーディ。前走東京大賞典はレコード決着の3着。勝ち馬とは1秒以上離されているものの、それでも従来のレコードを超える走りだった。戦績を見る限り、1600mがベストの馬。武蔵野ステークスの敗戦は大幅な馬体重増や休み明けにあったと見る。少し内側を引いているが、先行出来る馬なので、ロスなく回れる点をプラスと捕えたい。
○トランセンドはジャパンカップダート勝ち馬。逃げて押し切るというペース配分のうまさが目立つ騎乗であるが、強かった。1800mを中心に勝ち鞍を重ね、1600mのレースは09年武蔵野ステークス(6着)以来だが、フェブラリーステークスは距離延長の不安は実現するが、距離短縮への不安はそれほど実現しない。東京の長い直線とスタミナを要する坂が距離短縮の分をスタミナで相殺するのだろう。実績通りの決着という可能性は十分。
▲フリオーソは何といってもGI5勝馬。上で掲げた07年はアジュディミツオーが出走し、惨敗を喫しているが、今回も同じとは限らない。08年はGI7勝のブルーコンコルドが忘れ去られた8番人気となり、2着に食い込んだ実績もある。フェブラリーSは基本的に実績馬が実績通りの成績を残すレース。その意味では、実績最上位にくるのは文句なしにこの馬だ。
その他、東京ダート複勝率100%の△ダノンカモン、やや重場場ながら持ち時計が全体で2位の△マチカネニホンバレ、忘れ去られたGI南部杯馬☆オーロマイスターを抑える。

◎―○▲△☆に対して、馬連で5点。
勝ちタイム予想:1分35秒5
[PR]
# by lunaticfantasy | 2011-02-20 08:40 | 競馬

076:Magic Spice

場所:東京都世田谷区 京王・小田急下北沢駅下車 徒歩7分程度
ジャンル:カレーハウス
予算:1000円~1500円

値段:★★★
雰囲気:★★☆
味:★★★★

お勧めランク:C

下北沢駅の外れに位置する、知る人ぞ知る激辛系カレーハウス。
店内は全面的にインド。入口ではゾウがお出迎え。

激辛が売りで、辛さは基本的に7段階。
瞑想やら涅槃やら虚空やら、名前だけでは何が何やら。

今回2人で訪れ、頼んだのは、私が角煮カレーチーズトッピングの涅槃。
(辛さは7段階中真ん中)
友人は、ハンバーグカレーの天空。
(辛さは上から2番目)

a0045019_23525490.jpg

とりあえず前座としてすじ煮込み(土手鍋だったかも?)。
つゆも甘くて食べやすい。これで、本番に備える。

そして、私の元には涅槃が。
a0045019_2359813.jpg

とにかく具がたっぷり。野菜が多めなのがスープカレーの特徴といえば特徴だが、
それにしてもふんだん。
そして食べてみる。

意外と辛くない。私の味覚がマヒしているだけ?
ただ、体はしっかり反応しているようで、内側からどんどん熱がわきあがってくる感じ。
涅槃レベルだと、火を吐くような辛さというものではなく、
じわじわと辛さが迫ってくるが、心地よい熱として現れてくるようだ。
この辛さは必ずしも唐辛子系ではない。スパイスとしての辛さの要素がかなり強そう。
角煮カレーだったこともあり、比較的甘めに煮込まれた角煮が本来の辛さをよりマイルドにした可能性はある。

a0045019_02884.jpg

一方、こちらがハンバーグカレー。辛さは天空。
涅槃は難なく食べたものの、天空は?と思いきや、
意外と何とかなる。ただし、後から来る辛さは数倍。
ここまで来ると唐辛子系の辛さが強くなると思いきや、
食べ終わったところで、大量の唐辛子の種が。辛さの原因はここか?
この店の値段は辛さが増すごとに追加料金があるのだが、
涅槃を境に上昇がゆるくなる。
涅槃まではスパイスを中心に、その後は唐辛子を中心に辛さを調整しているのかもしれない。

全体として見れば、コストパフォーマンスはまずまず。
見た目以上に野菜が多く、スープカレーがラーメンのどんぶり1杯に入って出てくるので、満足感は高い。
サフランライスなのもプラス。
ただし、とにかく辛さが売りの店。激辛を楽しめる人でないと、この店の価値を味わうのは難しいかもしれない。

なお、臨界点を突破したところには「アクエリアス」というものがあるらしい。
挑戦者求む。
[PR]
# by lunaticfantasy | 2011-02-02 00:06 | 食べ歩き

075:新高揚

場所:東京都新宿区 新宿西口ヨドバシカメラ本館そばB1
ジャンル:ラーメン屋
予算:800円~1500円

値段:★★☆
雰囲気:★★★
味:★★★

お勧めランク:D

新宿西口の中心部の雑居ビル地下にあるラーメン屋。
夜はサラリーマンが集まり、お酒を入れる人も少なくない。
店内は年季を感じさせ、木を基調とした意外と落ち着いた店となっている。

頼んだのはつけ麺とぎょうざ。
a0045019_7544064.jpg

餃子が先に出てきた。
非常に皮がもっちりしていて、しかもジューシー。
ニンニクはそこまで強く効かせた感じがしなかったが、これは少し舌がボケていたのか、
本当にそのような餃子なのか?
ただ、味はいいが値段は577円とかなり高め。コストパフォーマンスという意味で考えるとどうか。

a0045019_7562159.jpg

一方、こちらはつけ麺。
醤油ベースなのだが少し塩味が強い。やはりお酒を飲む人向けか?
麺はコシをそこまで感じさせなかったものの、見た目以上に食べごたえがある。
スープにはふんだんにチャーシューが入っており、この分量で780円なら一応あり?

この店イチオシのメニューとしてぱいくー麺という、排骨を使ったラーメンがあり、
値段は1100円とかなり高めだが人気は高い模様。
新宿という立地条件を考慮するとやむを得ないのかもしれないが、
ラーメン1杯にこの値段と考えると、ちょっと一歩引いてしまう感は否めない。

大盛りの値段は+100円と比較的安価で、ランチ時はこれが無料になるので、
大量に食べたい人には向いているかも。
[PR]
# by lunaticfantasy | 2011-02-01 08:02 | 食べ歩き

2011年競馬展望

昨年に引き続き、今年も春競馬の展望を正月に行うという暴挙な企画です。
各路線ごとに検討してみることにします。

・3歳牡馬路線
朝日杯はサクラバクシンオー産駒、ラジオNIKKEI杯もそれほどレベルが高いとは思えない。
クラシック戦線で活躍する馬はこの中からある程度は出るだろうが、勝ち馬は少なくとも上位入線馬からは来ないのではないか。
そこで着目したいのはホープフルステークス。2000m2分0秒4の勝ちタイムは、年によっては皐月賞の勝ちタイムを上回る。上がり最速の脚を繰り出したナカヤマナイトが皐月賞における中心。
現在賞金は900万にとどまっているが、ステイゴールド産駒であれば、ある程度使ってもそう簡単に故障することはないだろう。あと1レース重賞あたりで好走すれば、確実にクラシック路線に乗ってこれる。
NHKマイルカップは、このホープフルステークスを勝利したペルシャザール。
松田国英厩舎の本領を発揮するのはやはりNHKマイルCだろう。2年連続の勝利を成し遂げる可能性は十分。
問題は日本ダービー。近年スローペースの上がり勝負になりやすいので、血統としての距離適性よりも、東京で適性を見せた脚質を重視。
最有力はリフトザウイングス。ハーツクライ産駒が東京未勝利なのは気になるが、東京スポーツ杯2歳ステークスで上がり最速の33秒台を繰り出したのは評価に値する。3歳で本格化することができれば、初年度産駒ダービー制覇もありうる。

皐月賞:ナカヤマナイト
NHKマイルカップ:ペルシャザール
日本ダービー:リフトザウイングス


・3歳牝馬路線
阪神ジュベナイルフィリーズを見る限りは、レーヴディソールが若干抜けだしているものの、総じて団子状態。
現在の阪神JFと東京2400レースの相性が異常にいい以上、オークスはレーヴディソールが中心軸と考えるしかないか。アグネスタキオン産駒であれば、変なレースはしないだろう。
ただ、阪神JFの勝ちタイムが決して優れていないということもあり、
今年は2歳と3歳では主戦を張る馬は大きく異なるのではないかと予想。
桜花賞で中心視したいのは、11月の5回東京2000で上がり33秒台の足を繰り出したアンナドンナ。
ローテーションが明らかに長いところを意識しており、父・母父と長距離系の血統には見えるが、
オークスは上がり勝負にはなりにくい。むしろ桜花賞の方が切れ味が生きるのではないか。

桜花賞:アンナドンナ
優駿牝馬:レーヴディソール


・古馬長距離路線
ブエナビスタは現役続行。ドリームジャーニーも現時点では引退の話は出ていない。
しかし、今年の3歳の層の厚さは昨年の秋ですでに証明された。
恐らく新4歳世代が全体を引っ張る流れとなるだろう。
筆頭となるのはローズキングダム、ヴィクトワールピサのGI勝ち組だが、
トゥザグローリー、ルーラーシップ、ビッグウィークの能力も評価すべきだろう。
天皇賞・春は地力の能力よりも距離適性がものをいう。
そう考えると、キングカメハメハ・ネオユニヴァース産駒は割引が必要か。
ただ、菊花賞がスローペースになりやすいのに対して天皇賞(春)はハイペース気味のスタミナ勝負。
となると、ここを勝つのは5歳以上か。
ここまで勝ちきれないレースを続けた馬が、天皇賞が初重賞かつ初GIかつ唯一のGIというパターンが考えられる。勝つのはジャミールだ。
一方宝塚記念は非常にメンバーが揃うだろう。
実力でいえばローズキングダムなのだが、いかんせん雨が降りやすいこの時期、雨が苦手なローズキングダムは好走を期待できるとは思えない。そしてヴィクトワールピサはどうしてもネオユニヴァース産駒としての成長力に疑問を感じずにはいられない。もっとも、それはキングカメハメハ産駒も同様なのだが…
宝塚記念は内回り2200mということを考えると、ある程度小回りコースに適性のある馬が勝つのではないか。期待の筆頭はトゥザグローリー。

天皇賞(春):ジャミール
宝塚記念:トゥザグローリー

・古馬短距離路線
近年混戦という名の低レベル化が著しい短距離路線だが、ようやく光が見えてきたのではないかと考える。ラピスラズリステークスで復活勝利を果たしたジョーカプチーノの実力は本物。一方、去年の勝ち馬であるダノンシャンティは、どちらかといえば中距離向きのマイラーに見える。この2頭が短距離路線を引っ張っていく展開になるだろうが、勝ち馬となると話は別。特に、安田記念は高齢馬の勝利が目立つ傾向からも、4歳馬を中心視にはしがたい。
高松宮記念はジョーカプチーノが勢いそのままに奪取。今年は阪神競馬場で開催されるが、コース形態が比較的近い中山で実績があるこの馬にとってはプラスだろう。もっともファルコンステークスの勝ち馬でもあるのだが。
しかし、安田記念はすでにマイル路線である程度の実績をもっている馬で、人気の盲点となりうる馬が絡んでくると予想。東京のマイル前後路線(1800mのメイSとエプソムC)で2着の実績をもち、ファイナルステークスを勝利しているシルポートが6歳になって本格化。安田記念の勝ち馬となるのではないか。

高松宮記念:ジョーカプチーノ
安田記念:シルポート


・古馬牝馬路線
牝馬三冠を取ったアパパネは実力は認めるが、ブエナビスタと比べると1枚劣ると言わざるを得ない。
それはそれぞれ4歳・5歳を迎える今年も同様だろう。
ヴィクトリアマイルはヒモの扱いは別としても、中心になり、かつ勝利するのはブエナビスタ以外さすがに考えにくい。

ヴィクトリアマイル:ブエナビスタ


・古馬ダート路線
カネヒキリ・ヴァーミリアンが去り、エスポワールシチーが秋不振だったこともあって、一気に混戦模様を呈してきた。スマートファルコンが東京大賞典をレコード勝ちしてついに本格化。ただ、依然中央競馬の王道路線に来るかどうかは微妙。川崎記念は出ればまず確実なのだろうが・・・
本音でいえばグロリアスノアなのだが、レース後に転厩したのが評価としてはマイナス。トランセンドが中心とはなるだろうが、昨年のエスポワールシチーと異なり、圧倒的な強さは感じさせない。
東京1600mで2勝、JCD4着・東京大賞典3着と安定した成績を残したバーディバーディがコース適性を生かして混戦を制するのではないか。

フェブラリーステークス:バーディバーディ
[PR]
# by lunaticfantasy | 2011-01-01 21:25 | 競馬

あけおめです。

2011年を迎えました。
今年もよろしくお願いします。

さて、2010年の2歳リーディングサイアーはディープインパクトでした。
まぁ、繁殖牝馬の質が半端じゃないので、当然と言えば当然の結果かもしれません。

そんなディープインパクトが、なんと大日のイオンに訪れてきました。

a0045019_1142460.jpg


新年一発目はひどい画像で幕を開けました。
[PR]
# by lunaticfantasy | 2011-01-01 01:14

2010年を振り返る

とりあえず12月31日なので、簡単に今年を振り返ってみます。
まぁ、仕事が変わったのが最大の変化。
忙しいですがそれなりに頑張ってます。

あとはシベリアをとりあえず終わらせられました。
決勝の結果を出せてませんが、ちょっとイラストつきは難しいかもしれません。
テキストだけでもという希望があれば、簡単に掲載したいとは思います。

競馬はJBCスプリント・クラシックをようやく見ることが出来ました。
あとマイルチャンピオンシップを観戦して、京都競馬場のGIはコンプリート。
来年は高松宮記念は確定。
オークスは来年のうちに見ておきたいです。NHKマイルCは仕事の関係で厳しそう。

回収率は投入金額が非常に少ないということもありますが、一応150%は超えました。
来年は色々なレースを楽しむことが出来たらと思います。
京都競馬場・東京競馬場を中心に参加しますので、
オフなどでお世話になっている皆さんは来年もよろしくお願いします。

ローズキングダムは海外に行かないかぎりどこでも追っかける予定です。

ゲームはほどほどに。あとは色々な部分を充実させて2011年を過ごしていきたいですね。
[PR]
# by lunaticfantasy | 2010-12-31 20:38
12月12日~13日にかけて、月夜・エルミートの3人でリッツカールトンに宿泊。
(エルは別部屋です。念のためw)
基本的にオフシーズンと思いきや、今回はかなりの人数。
チェックイン手続きは1階のカウンターで済ませて、阪神JFの馬券を外したことを確認してから(爆)、
ロビーラウンジへ。
全体的にクリスマステイストが強くなっており、
a0045019_21511339.jpg

こんなものが。

4時過ぎにエルミート合流。
そこにラウンジの人が持ってきたものが・・・


Izayoi:「!?」

a0045019_2152125.jpg


先生!何かすごいものが来てます。

なんと、月夜&エルミートでオーダーメイドしたロールケーキがバースデーケーキとしてプレゼント。
雪をイメージしたブルー系のケーキという注文だったようですが、
まさにその通りの形に。

a0045019_21533996.jpg

中はベリーのロールケーキ。
外側にもイチゴやブルーベリー、ラズベリーがたっぷり。
a0045019_21541745.jpg

しかも長さ20cm(もっとあったような気もしますが)。
程よい酸味が利いてて、クリームとスポンジは滑らかで非常においしかったです。
この時間だけでは食べきれなかったので、翌朝までかけてじっくりといただきました。
[PR]
# by lunaticfantasy | 2010-12-13 21:55