Izayoi(別名:Luna)の、どうでもいい話やどうでもよくない話など。


by lunaticfantasy

061:ドラゴン飯店

場所:東京都新宿区 新宿ルミネエスト 7&8DINNER 8F
ジャンル:中華料理店
予算:1000円~1500円

値段:★★★☆
雰囲気:★★☆
味:★★★☆

お勧めランク:B

本格中華料理店とも、また一般の大衆食堂的な雰囲気とも違う、
あえて言えば、少しいい感じの台湾屋台のような感じのお店。

友人と2人で訪れ、頼んだのはこの店のイチオシメニューともなっている坦々麺。
これに、トンポーローご飯を追加。
a0045019_19354567.jpg

こちらが、一番人気メニューとも書いてあった麻辣担々麺。
坦々麺は辛さが段階表示されているが、これが最高段階の4。
香りはものすごく辛く咳込むほどなのだが、実際に食べてみると意外と辛さは激しくない。
スープはどちらかといえば醤油系か?少し酸味を感じた。即効性のある辛さだが、後にはあまり残らない。
ただ、麻「辣」かというと多少の疑問符。普通に辛いラーメンと考える方がいいかもしれない。
言い方を変えれば、あまり辛さとしてのクセはない。
麺は独特の色合いをしており、やや黒っぽい。少しコシが強めで、
食べた感じは韓国冷麺が少し太くなったような麺か。


a0045019_1959423.jpg

一方こちらは黒ゴマ坦々麺。
見るからに色が黒いが、味はいわゆるオーソドックスな坦々麺。
ゴマの味が麺にも絡み、スープももちろん濃厚。
辛さとしては4段階中3ではあるが、柔らかい辛さか。
麺のコシは強く、見た目以上に食べごたえはある。

a0045019_203240.jpg

こちらがトンポーローあんかけご飯。
全体にトンポーローにかかっているあんかけ風のたれが絡み合っており、しっかりした味。
しかし、しつこいかと言えばそうではなく、
中に入っているクワイ・フクロタケのおかげで複雑な食感があり、かつ濃い味を和らげてくれる。
ただし、量はさほど多いというわけでもない。男性なら麺と併せて1人で食べることも可能な量か。

最初は一般人お断りの激辛店かと思っていたが、意外と万人受け出来る味。
最初の激辛な香りと、実際食べてみた時の意外に深みのある味のギャップが大きい。
アクセスの良さの割に、値段がリーズナブルなのもプラス。
辛いものが全く駄目という人でない限りは、一度お試しあれ。
[PR]
by lunaticfantasy | 2010-04-18 20:45 | 食べ歩き