Izayoi(別名:Luna)の、どうでもいい話やどうでもよくない話など。


by lunaticfantasy

天皇賞・春 予想

1-1 サンバレンティン(牡7、佐藤哲三・佐々木晶三)
2-2 アドマイヤフジ(牡6、川田将雅・橋田満)
3-3 アドマイヤモナーク(牡7、安藤勝己・松田博資)
3-4 ホクトスルタン(牡4、横山典弘・庄野靖志)
4-5 トウカイエリート(牡8、上村洋行・野中賢二)
4-6 アドマイヤメイン(牡5、福永祐一・橋田満)
5-7 ドリームパスポート(牡5、松岡正海・稲葉隆一)
5-8 メイショウサムソン(牡5、武豊・高橋成忠)
6-9 ドリームパートナー(セン8、和田竜二・大久保洋吉)
6-10 ポップロック(牡7、内田博幸・角居勝彦)
7-11 トウカイトリック(牡6、幸英明・野中賢二)
7-12 アイポッパー(牡8、藤田伸二・清水出美)
8-13 アサクサキングス(牡4、四位洋文・大久保龍志)
8-14 アドマイヤジュピタ(牡5、岩田康誠・友道康夫)

GI馬が少ないとはいえ、それに匹敵する実力を持った馬も多く、また何よりもGI4勝のメイショウサムソンがここ2戦惨敗と今ひとつ信頼が置き辛い。
一方、アドマイヤジュピタやアドマイヤモナーク、ポップロックなどGI戦線で実績を重ねた馬、最近の上がり調子の馬などがいて、かなり取捨選択が困難。

今回逃げるのは恐らくホクトスルタン。
アイポッパー、アドマイヤメイン、アドマイヤジュピタ、メイショウサムソン、ポップロックなど有力馬がことごとく先行勢につけている。
後ろから行く馬はドリームパスポートあたりか。先行馬が多いため牽制しあう展開を予想。

◎アサクサキングスを本命に置く。
前年の菊花賞馬。今年の4歳牡馬はレベルが低いと言われてきたが、最近の成績を見る限りそうでもなさそう。前走大阪杯は+16kgで3着。ある程度絞って調子を上げてこれば上位争いは必至だろう。
○ホクトスルタンを対抗に。
血統に興味は無い。関心は鞍上の横山典弘と前走サンシャインSでの走り。
6馬身差圧勝は本物。そして逃げ馬。4年前の衝撃はよみがえるか。
可能性は秘めている。
▲アドマイヤジュピタはやはり阪神大賞典上位組。
安定して天皇賞に絡んでくる阪神大賞典勝ち馬のデータは無視することは出来ない。
△アドマイヤモナークはヤネが安藤勝己。
アドマイヤ軍団4頭出しは勝負掛かりだろう。終わってみれば騎手で決着と言う可能性も十分。
☆メイショウサムソンは正直うまみはない。
しかし、1番人気ではない武豊はやはり抑えたくなるのが本音。
正直、ピークを過ぎたという感覚もないわけではないのだが・・・
まだ見限るには早いだろう。切ることは出来なかった。

ワイドBOX
3・4・14 3点
3連複BOX
3・4・8・13・14 10点
馬単
3→4

以上を合計2000円で勝負。
[PR]
by lunaticfantasy | 2008-05-03 21:45 | 競馬