Izayoi(別名:Luna)の、どうでもいい話やどうでもよくない話など。


by lunaticfantasy

ヴィクトリアマイル・予想

1-1 テンイムホウ(牝6、柄崎将寿・柄崎孝)
1-2 ブルーメンブラット(牝5、後藤浩輝・石坂正)
2-3 ローブデコルテ(牝4、福永祐一・松元茂樹)
2-4 ジョリーダンス(牝7、安藤勝己・堀宣行)
3-5 ピンクカメオ(牝4、内田博幸・国枝栄)
3-6 エイジアンウインズ(牝4、藤田伸二・藤原英昭)
4-7 タニノハイクレア(牝4、的場勇人・矢作芳人)
4-8 パーフェクトジョイ(牝5、池添謙一・池江泰寿)
5-9 ウオッカ(牝4、武豊・角居勝彦)
5-10 アルコセニョーラ(牝4、田中勝春・畠山重則)
6-11 トウカイオスカー(牝4、横山典弘・後藤由之)
6-12 ヤマニンメルベイユ(牝6、柴山雄一・栗田博憲)
7-13 ニシノマナムスメ(牝4、吉田隼人・河内洋)
7-14 タイキマドレーヌ(牝5、北村友一・松元茂樹)
7-15 ベルモントプロテア(牝4、小野次郎・川村禎彦)
8-16 マイネカンナ(牝4、岩田康誠・国枝栄)
8-17 ベッラレイア(牝4、秋山真一郎・平田修)
8-18 レインダンス(牝4、武幸四郎・宮徹)

今回最も扱いが難しいのがウオッカの扱い。
果たして、近走の不振をどう捕らえるか。
ドバイDFの4着は復活ののろしなのか。
その一方で、武豊の重賞での信頼の無さはあまりにもひどい。
1番・2番人気を背負い続けながらも重賞勝ちは3月以降出ていない。

今回はあえて馬連を組み、馬券から切るという手段に出ることにした。

本命は◎ニシノマナムスメ。
読売マイラーズカップ2着は評価すべき。
2年前のダンスインザムードも同じローテーション。
ダイワメジャーとカンパニーでは実力にかなり差があるかもしれないが、
牡馬相手に健闘したその実力は本物だろう。

○ベッラレイアを対抗に推す。
秋華賞から7ヶ月ぶりの出走。
しかし、その時の勝ち馬はダイワスカーレット。3着にウオッカ。
成績に下降線が見えるウオッカと不在のダイワスカーレットの前では最強4歳牝馬世代を名乗る資格はこの馬にもあるはず。

▲エイジアンウインズは阪神牝馬ステークスの勝ち馬。
やはりトライアルとして設定されているこのレース。1600mを経験していないのは気がかりだが、芝代わりでも十分通用した。そのままGI奪取を期待できるはず。この馬も4歳。

他、阪神牝馬S2着の△ブルーメンブラット。
福島牝馬ステークスを勝利している△マイネカンナを抑えとして評価。

☆ローブデコルテは去年のオークス以降勝利が無い。
しかし、近走は牡馬混合戦であったり、56kg以上を背負わされたりと
GI馬としての評価が重くのしかかってきた。
今回数少ない斤量が軽くなる馬の1頭。元々コジーン産駒であることを考えても本質はマイラーかもしれない。

13-(2・3・6・16・17)で馬連5点勝負
[PR]
by lunaticfantasy | 2008-05-17 22:26 | 競馬