Izayoi(別名:Luna)の、どうでもいい話やどうでもよくない話など。


by lunaticfantasy

宝塚記念 予想

1-1 インティライミ(牡6、佐藤哲三・佐々木晶三)
2-2 メイショウサムソン(牡5、武豊・高橋成忠)
3-3 フォルテベリーニ(牡6、鮫島良太・加用正)
3-4 アルナスライン(牡4、和田竜二・松元茂樹)
4-5 サクラメガワンダー(牡5、福永祐一・友道康夫)
4-6 アドマイヤオーラ(牡4、安藤勝己・松田博資)
5-7 アドマイヤフジ(牡6、川田将雅・橋田満)
5-8 ロックドゥカンブ(牡4、岩田康誠・堀宣行)
6-9 エイシンデピュティ(牡6、内田博幸・野元昭)
6-10 ドリームパスポート(牡5、蛯名正義・稲葉隆一)
7-11 アサクサキングス(牡4、四位洋文・大久保龍志)
7-12 カンパニー(牡7、横山典弘・音無秀孝)
8-13 アサカディフィート(セン10、小牧太・鶴留明雄)
8-14 エアシェイディ(牡7、後藤浩輝・伊藤正徳)

前に行くのはエイシンデピュティか。それとも、アサカディフィートか。
アルナスライン、ロックドゥカンブも前につけるはず。
サクラメガワンダーは中団。アサクサキングスもこのあたり。
メイショウサムソンはアサクサキングスを見るあたりか。
ドリームパスポート、エアシェイディは後ろから行くだろう。

今日は重馬場となると、前に行く馬が有利。
そして重馬場への適正は重要な要素となってくる。

本命に◎ロックドゥカンブを押す。
マカオRCT1着、有馬4着と重馬場への対応力は十分。
今回が斤量の恩恵を受けるラストチャンス。
岩田の大舞台での騎乗が炸裂することを期待。
相手筆頭には○メイショウサムソン。
重馬場への適性は言うまでもない。
後ろから行かれると届かず終了の可能性も高いが、
ここまでの実績を考えると切るのはあまりにも無謀。

他、目黒記念2着の▲アルナスライン。
今年の目黒記念はメンバーが揃っており、レベルは高かったと言ってよい。
距離適正は2000m以上。この距離でも力は発揮できるはず。先行力も魅力。

△エイシンデピュティはトライアル、金鯱賞を勝ってきた。
2200mは長い印象もあるが、前に行く力はこの重馬場ではプラスに生きるだろう。
△カンパニーは一昨年のバランスオブゲームと同じ香りがする。
1着はないだろうが、2・3着ならどうか。鞍上にも期待できる。

☆アドマイヤオーラは脚質、実力ともにややGIでは足りない印象。
しかし、展開に恵まれ末脚勝負となった時には安勝の力が発揮されてくるのではないか。
昨年のPOG持ち馬だったこともあって、応援したい。

3連複1頭軸
8-(2・4・6・9・12)の10点で勝負。
[PR]
by lunaticfantasy | 2008-06-29 08:28 | 競馬