Izayoi(別名:Luna)の、どうでもいい話やどうでもよくない話など。


by lunaticfantasy

029:左近

場所:京都市東山区 四条縄手通り付近 ヤサカビルB1F
ジャンル:洋食屋
予算:ランチなら1000円~1300円

お勧めランク:A

値段:★★★★☆
雰囲気:★★★
味:★★★★

祇園の花街がすぐ近くにある、隠れ家的な存在の洋食屋。
舞妓さん、芸妓さんのうちわが数多く並んでおり、いきつけの人が多い事をうかがわせる。
実際、この日も料亭か置屋の女将さんらしい人が、何人かの接待客を連れて訪れていた。

2人が頼んだのはビーフカレーとランチBセット。
ランチBセットはこんな感じ。
a0045019_10292072.jpg


Tsukuyoの一番お気に入りはハンバーグ。
肉の味がじわっと口に広がり、ソース無しでもおいしい。
もちろんデミグラスソースは非常に美味しかった。
Izayoiが少し食べた上での一番ツボは一口カツ。
肉が柔らかくてジューシー。衣はしっとりとした感じで揚げられているのだが、
油っぽさは全く感じさせない。
エビフライは身がぎっしりと詰っている感じ。かなり肉圧でボリューム感たっぷり。

一方カレーは夜に出される100g3000円クラスのステーキ肉の切れ端を用いていて、
まずいはずがないというメニュー。
a0045019_10322339.jpg


玉ねぎがたっぷり。味は意外と甘口なのだが、スパイスはしっかりと効いていて、
後からじわっとくる辛さ(というより、スパイシーさ)が魅力的。
カレーなのに、ご飯が茶碗で出てきて、さらに味噌汁も出てくるのだが、
これはカレーライスというより、ご飯と味噌汁でカレーをおかずにして食べるという感覚。


店員が職人気質と言うべきか、正直無愛想ではあるのだが、
個人的には気にならない。結構いい人そう。
夜はとてつもない値段になるお店な割りにはランチがリーズナブル。
祇園のお店、そしていかにも通向けの隠れ家的な雰囲気を味わうには
うってつけのお店と言えるだろう。

間違いなく万人にお勧め出来る。
[PR]
by lunaticfantasy | 2008-07-17 10:36 | 食べ歩き