Izayoi(別名:Luna)の、どうでもいい話やどうでもよくない話など。


by lunaticfantasy

天皇賞・秋 予想

1-1 アサクサキングス(牡4、藤岡佑介・大久保龍志)
1-2 ディープスカイ(牡3、四位洋文・昆貢)
2-3 エアシェイディ(牡7、後藤浩輝・伊藤正徳)
2-4 アドマイヤモナーク(牡7、岩田康誠・松田博資)
3-5 サクラメガワンダー(牡5、福永祐一・友道康夫)
3-6 エリモハリアー(セン8、吉田豊・田所秀孝)
4-7 ダイワスカーレット(牝4、安藤勝己・松田国英)
4-8 ポップロック(牡7、内田博幸・角居勝彦)
5-9 アドマイヤフジ(牡6、川田将雅・橋田満)
5-10 キングストレイル(牡6、北村宏司・藤沢和雄)
6-11 ハイアーゲーム(牡7、柴田善臣・大久保洋吉)
6-12 タスカータソルテ(牡4、C.ルメール・藤原英昭)
7-13 オースミグラスワン(牡6、蛯名正義・荒川義之)
7-14 ウオッカ(牝4、武豊・角居勝彦)
8-15 トーセンキャプテン(牡4、O.ペリエ・角居勝彦)
8-16 カンパニー(牡7、横山典弘・音無秀孝)
8-17 ドリームジャーニー(牡4、池添謙一・池江泰寿)

逃げるのはダイワスカーレットか、それともアサクサキングスか。
キングストレイルが思い切ってハナを切る可能性もある。

ダイワスカーレットを除く有力馬は中団から後方での待機策になるだろう。
ウオッカ、ディープスカイは当然そのあたり。
最後方はドリームジャーニーか。

いずれにせよ、ハイペースの勝負にはなりにくい。
かといって超スローの瞬発力勝負にもならないだろう。
平均からやや遅め。1000mの通過タイムは59秒5前後と踏んでいる。

となると、有利なのは比較的前にいる馬。
あるいは強烈な末脚を持つ馬。

休み明けの不安はもちろんあるが、
◎ダイワスカーレットを本命から外す事は出来ない。
ここまで全てのレースで連対、鉄砲駆け実績、牡馬混合戦実績も十分。
現役最強馬を名乗るに一番近い位置にいると言っても良い。

○ディープスカイは3歳マイル・ダービーの変則二冠馬。
シンボリクリスエス以外古馬混合戦初挑戦をGIで制した馬はいない。
そして、今年の世代への不安も存在する。
しかし、世代のレベルとこの馬のレベルはまた別問題。
この馬の末脚は本物。直線の長い東京実績もあり、3歳変則三冠もありえる。

▲ウオッカは毎日王冠では逃げて2着。
強さの健在はアピールしたが、武豊とはどうもかみ合っていないイメージをぬぐいきれない。
本質はマイラーとの不安もある。
しかし、安田記念・ダービーと制した馬が2000mだけ苦手と言う事は考えにくい。
自力で上位に突っ込んでくる可能性は十二分にある。

馬券としてはここまでなのだが、
気になる馬としては
△ドリームジャーニー
△サクラメガワンダー
☆タスカータソルテを一応挙げておく。

馬連
2-7,2-14,7-14 各500円
3連複
2-7-14 500円

以上の4点で勝負。
[PR]
by lunaticfantasy | 2008-11-01 22:12 | 競馬