Izayoi(別名:Luna)の、どうでもいい話やどうでもよくない話など。


by lunaticfantasy

035:百年屋

場所:京都駅八条口アバンティ専門店街B1F
ジャンル:ラーメン屋
予算:800円~1000円

お勧めランク:E

値段:★★★
雰囲気:★★
味:★★☆

京都駅八条口のデパート(?)、アバンティの地下にあるラーメン屋。
情報誌、LEAF京都に掲載されているのを見て訪れてみたが、
確かに平日夜でも人が結構入っていた。
店内の雰囲気はあくまで普通のラーメン屋。
カウンター形式などではなく、まさにオーソドックスなお店。

a0045019_22511384.jpg

Izayoiが頼んだのは「とんこつ・味噌」のラーメン。
ところがとんこつの味があまりしない。というよりも味噌の味はするのだが、
かなりあっさりしている。スープだけ飲んだら確かにおいしい。
どうやら、比較的あっさりした味を売りにしているお店のようだ。

油をあまり使っていないこともあり、スープがかなり冷めやすかったのが残念なところ。
キムチが食べ放題で、甘めながら味はしっかりしているので、合わせて食べるとちょうどいいかも。

a0045019_2252408.jpg

一方、Tsukuyoが頼んだつけ麺。普通のつけ麺と異なり、
麺が太めで少し透き通っている。その点では少し冷麺に近い感じの麺。
食感としてはコシがしっかりしていて食べ応えは十分。
1玉130gで2玉までは無料で追加可能なのも魅力。
スープは塩味の効いたちょっと濃い目の味だが、そのままでも十分に飲める。
こちらは結構ヒット。

そして、添えで頼んだギョーザとチャーハンは非常においしかった。
チャーハンは全体にしっかりと味がいきわたっていて、
パラっと仕上がっている。ラーメンで口が寂しい時にチャーハンを食べると言う、
普通とは逆の食べ方をすることになった。

全体としての評価は、味は女性向き。
ダシの味もやわらかいのを使っていると思われるので、
薄味好みでない人にとっては少し残念な思いをするかもしれない。
正直メニューによって好みは分かれるが、つけ麺だけは自信を持って勧められる。
[PR]
by lunaticfantasy | 2008-11-19 22:58 | 食べ歩き