Izayoi(別名:Luna)の、どうでもいい話やどうでもよくない話など。


by lunaticfantasy

マイルチャンピオンシップ予想

1-1 ローレルゲレイロ(牡4、四位洋文・昆貢)
1-2 ファイングレイン(牡5、幸英明・長浜博之)
2-3 スズカフェニックス(牡6、武豊・橋田満)
2-4 マイネルレーニア(牡4、佐藤哲三・西園正都)
3-5 ジョリーダンス(牝7、秋山真一郎・堀宣行)
3-6 ショウナンアルバ(牡3、蛯名正義・二ノ宮敬宇)
4-7 ブルーメンブラット(牝5、吉田豊・石坂正)
4-8 アドマイヤスバル(牡5、川田将雅・中尾秀正)
5-9 マルカシェンク(牡5、福永祐一・河内洋)
5-10 ラーイズアトーニー(セン4、S.キャラハン・I.ブラック)
6-11 リザーブカード(牡5、柴山雄一・栗田博憲)
6-12 キストゥヘヴン(牝5、藤田伸二・戸田博文)
7-13 サイレントプライド(牡5、後藤浩輝・国枝栄)
7-14 コンゴウリキシオー(牡6、C.ルメール・山内研二)
7-15 スマイルジャック(牡3、岩田康誠・小桧山悟)
8-16 カンパニー(牡7、横山典弘・音無秀孝)
8-17 スーパーホーネット(牡5、藤岡佑介・矢作芳人)
8-18 エイシンドーバー(牡6、内田博幸・小崎憲)

人気馬にGI馬がいないのが今回の特徴。
となると強かった前哨戦を考えるのがベスト。
スワンステークスは上位5頭が全てここに駒を進めてきたが、
基本的にスワンステークスはスプリンター向けのレース。切捨てが妥当。
1600mは長い馬が多く、過去10年を見ても連対馬で本番でも連対したのは1頭のみ。
それが◎スーパーホーネットである。
今年は毎日王冠から直接進んできたが、休み明け同士でウオッカを抑えきったその強さは認める他ない。藤岡祐介はこの秋GI取り宣言をしていたが、取れるならこのレースしかないだろう。

相手本線には○カンパニーを推す。
天皇賞・秋は強かった。勝ち馬ウオッカと同タイムでゴール。レーティング119は世界のGI勝ち馬と比肩しても遜色ないレベルのはず。2週連続横典2着もあるだろう。どうも、頭のイメージが出来ないのが難点ではある。

▲サイレントプライドはここまでマイル重賞連勝。
ここまで6-0-0-2と圧倒的なマイル実績を持っているこの馬を切るのは自殺行為だろう。

他、府中牝馬ステークスで出遅れながらカワカミプリンセスを抑えた△ブルーメンブラットを連下評価。△エイシンドーバーもスズカフェニックスと同じようなローテーションをたどっている割りには人気が薄すぎる。これも評価対象に加えたい。

☆ラーイズアトーニーはカナダGI勝利、しかもマイル実績も十二分にあるにもかかわらず評価があまりにも低い。実力に見合わない評価と言う意味でおいしさはあるはず。

馬連
17-(7・10・13・16・18)に各400円。
[PR]
by lunaticfantasy | 2008-11-22 19:39 | 競馬