Izayoi(別名:Luna)の、どうでもいい話やどうでもよくない話など。


by lunaticfantasy

ジャパンカップ 予想

1-1 オウケンブルースリ(牡3、内田博幸・音無秀孝)
1-2 メイショウサムソン(牡5、石橋守・高橋成忠)
2-3 トーセンキャプテン(牡4、O.ペリエ・角居勝彦)
2-4 ウオッカ(牝4、岩田康誠・角居勝彦)
3-5 ダイワワイルドボア(牡3、北村宏司・上原博之)
3-6 パープルムーン(セン5、J.スペンサー・L.クマーニ)
4-7 ネヴァブション(牡5、横山典弘・伊藤正徳)
4-8 トーホウアラン(牡5、藤田伸二・藤原英昭)
5-9 ディープスカイ(牡3、四位洋文・昆貢)
5-10 オースミグラスワン(牡6、川田将雅・荒川義之)
6-11 シックスティーズアイコン(牡5、J.ムルタ・J.ノスィーダ)
6-12 マーシュサイド(牡5、J.カステリャーノ・N.ドライスデール)
7-13 マツリダゴッホ(牡5、蛯名正義・国枝栄)
7-14 ペイパルブル(牡5、R.ムーア・M.スタウト)
7-15 アサクサキングス(牡4、C.ルメール・大久保龍志)
8-16 スクリーンヒーロー(牡4、M.デムーロ・鹿戸雄一)
8-17 アドマイヤモナーク(牡7、安藤勝己・松田博資)
8-18 コスモバルク(牡7、松岡正海・田部和則)

何しろメンバーのレベルは半端ではなく高い。
天皇賞もハイレベルだったが、今回はそれ以上と言ってもよい。
まず外国馬の扱いだが、今年のメンバーを見る限り、
2400mに絶対的な適正がある馬もいなければ、スピード向けの馬もいない。
外国馬は全て切るというのが結論。

本命は◎ウオッカ。この馬の東京コースに対する適性は絶大。
良馬場に回復した今の東京競馬場で、先差自在のこの馬にとっては最高の舞台。
勝てば古馬GI根幹距離グランドスラム。その実現可能性は十分。

一方、現時点で一番人気の○ディープスカイは天皇賞・秋で力を見せた。
しかし、ウオッカが本質マイラーとされているのに対し、ディープスカイが2400も持つと評価されているのはあまりにも偏った見方ではないか。
当然抑えなくてはいけない存在だが、相手筆頭に留めた。

▲オウケンブルースリは菊花賞から進んできた。
03年ザッツザプレンティ・04年デルタブルースが馬券に絡んでいるように、
近年菊花賞馬のJCの相性は決して悪くない。2kgの斤量差も生かして好勝負が期待できる。

△アサクサキングスは前年の菊花賞馬。天皇賞は少し距離が短かったか。
2400mの舞台こそこの馬に一番あっていると見える。
天皇賞からの上積みも期待していいだろう。

☆メイショウサムソンは1年以上の乗り代わりを経てついに石橋に戻ってきた。
正直ピークを過ぎている感は否めないが、一発逆転のドラマがあるならこの馬だろう。

馬連
4-(1・2・9・15)に各500円
[PR]
by lunaticfantasy | 2008-11-29 20:36 | 競馬