Izayoi(別名:Luna)の、どうでもいい話やどうでもよくない話など。


by lunaticfantasy

ジャパンカップダート 予想

1-1 ワンダースピード(牡6、小牧太・羽月友彦)
1-2 フロストジャイアント(牡5、C.ヴェラスケス・R.ダトロー)
2-3 サンライズバッカス(牡6、佐藤哲三・音無秀孝)
2-4 メイショウバトラー(牝8、福永祐一・高橋成忠)
3-5 メイショウトウコン(牡6、藤田伸二・安田伊佐夫)
3-6 ヴァーミリアン(牡6、岩田康誠・石坂正)
4-7 サクセスブロッケン(牡3、横山典弘・藤原英昭)
4-8 ティンカップチャリス(セン3、E.プラード・M.レセッシー)
5-9 アドマイヤフジ(牡6、川田将雅・橋田満)
5-10 カネヒキリ(牡6、C.ルメール・角居勝彦)
6-11 カジノドライヴ(牡3、安藤勝己・藤沢和雄)
6-12 ブルーコンコルド(牡8、幸英明・服部利之)
7-13 マストトラック(牡4、G.ゴメス・R.フランケル)
7-14 フリオーソ(牡4、戸崎圭太・川島正行)
8-15 ワイルドワンダー(牡6、蛯名正義・久保田貴士)
8-16 ボンネビルレコード(牡6、内田博幸・堀井雅広)

芝に比べてダートは実績馬がその通りに来やすい。
オッズがついている場合は、それは人気の盲点になった馬。
それを踏まえて主軸を考えてみる。

JBCクラシックの対決はすごかった。
◎ヴァーミリアン、○サクセスブロッケンの2頭の強さは疑う余地もない。
かたやGI6連勝、一方圧勝のGI勝利から休み明けの2着。
サクセスブロッケンが古馬に通用するという事実はすでに証明済み。

この2頭をともに軸として捕らえる事に躊躇は一切ない。

相手探しが問題となってくるが、
▲ブルーコンコルドはGI7勝しているにもかかわらず2桁人気。
その7勝目はつい2ヶ月前の話である。
JBCスプリントは小回りのコースが合わなかっただけ。
徐々にズブくなっていることを考えると1800mは向いた距離と言えるのではないか。

△カジノドライヴは正直あまり抑えたくないのは事実。
しかし、直前調教は非常によかった。一発逆転の可能性は秘めている。
この馬の底は浅いかもしれないが深いかもしれない。
抑える価値は一応あるだろう。

△サンライズバッカスはどうも勝ちきれない印象は強い。
しかし、同時に重賞・GIでの安定感は高い。
空気を読まない佐藤哲三だからこそ、こういう場面でGI馬の底力を発揮する可能性はある。

☆ティンカップチャリスはスプリンターの印象はぬぐえない。
しかし、インディアナダービーの勝利は評価すべきだろう。
まだ3歳、そして戦績が9戦8勝ということを考えると、
将来性も十分。未知の可能性に賭けて抑えてみる価値はある。

これに近走馬券をほとんど外していないワイルドワンダーを加えて、
3連複2頭軸5点で勝負する。


6-7-(3・8・11・12・15)で1点400円。
[PR]
by lunaticfantasy | 2008-12-06 20:53 | 競馬