Izayoi(別名:Luna)の、どうでもいい話やどうでもよくない話など。


by lunaticfantasy

037:al bacio china

場所:京都市下京区 河原町通仏光寺東入・CoCo壱番屋を東方向へ入ったビルの2F
ジャンル:中華ダイニングバー
予算:ランチ・850円~950円

お勧めランク:S

値段:★★★★★
雰囲気:★★★☆
味:★★★★☆

京都の中心部にある、一見かなり目立たないお店。
その店内は中華風の音楽が流れ、中華風の店内。
夜になるとジャズが流れ、照明も変わると言う話。

ランチで頼んだのはTsukuyoがマーボー春雨のランチ。
Izayoiが上海風蒸しハンバーグのランチ。
そして出てきた物はなんとランチのコース。

a0045019_2328368.jpg

最初にまずお茶。
中華と言えばジャスミン茶のイメージだが、普通のお茶。しかしクセがなくて飲みやすい。

a0045019_23314638.jpg

その後前菜が登場。山くらげ・ひき肉+大根の葉・揚げ出し大根の3種類。
味がしっかりとついていて、これだけでご飯に合うメニュー。

a0045019_23323353.jpg

そしていよいよTsukuyoのメイン・マーボー春雨。
春雨が多めのイメージとは異なり、竹の子やネギ・きのこなど様々な具が豊富。
辛味はしっかりとあり、味も強めであるが、それでいて後に残らない深い味わい。
量もそれなりにある。

a0045019_23345129.jpg

こちらはIzayoiの頼んだ上海風蒸しハンバーグ。
ハンバーグと言う割りには、肉の噛みごたえがしっかりしていて、
肉の深い味わいを楽しむ事が出来る。
そして、ネギの入ったスープは塩味の利いた味。
肉・スープともにその味は絶品。

コースとしては、これに併せて、
・スープ(あっさりとした味わいの飲みやすいスープ)
・ご飯
・点心(この日は肉まん)
がついてくる。
a0045019_23422880.jpg



最後に杏仁豆腐(+100円)をデザート。
こちらは杏仁のクセがあまりなく、ミルキーさが際立っている。
味わいとしてはバニラクリームのような感じ。甘くておいしい。

総合的に言えば、過去食べた中のランチでも最高クラス。
ランチのコースとして十分すぎるほどの味と、分量。
これが1000円を割る値段というのは、そうそう他を探しても見つかる物ではないだろう。

ランチメニューは日替わりなので、何度でも訪れる価値のある店。
雰囲気が変わるという夜のメニューも是非試してみたいところ。

なお、この店の一番のオススメメニューは夜に出てくる麻婆豆腐。
辛いが非常に人気で、おいしいらしい。
[PR]
by lunaticfantasy | 2008-12-17 23:39 | 食べ歩き