Izayoi(別名:Luna)の、どうでもいい話やどうでもよくない話など。


by lunaticfantasy

フェブラリーステークス予想

1-1 カフェオリンポス(牡8、勝浦正樹・松山康久)
1-2 カネヒキリ(牡7、C.ルメール・角居勝彦)
2-3 サンライズバッカス(牡7、三浦皇成・音無秀孝)
2-4 トーセンブライト(牡8、田中勝春・加藤征弘)
3-5 バンブーエール(牡6、松岡正海・安達昭夫)
3-6 ナンヨーヒルトップ(牡4、柴田善臣・小笠倫弘)
4-7 ヒシカツリーダー(牡5、木幡初広・小島貞博)
4-8 キクノサリーレ(牡4、後藤浩輝・吉田直弘)
5-9 ヴァーミリアン(牡7、武豊・石坂正)
5-10 ビクトリーテツニー(牡5、横山典弘・森秀行)
6-11 アドマイヤスバル(牡6、川田将雅・中尾秀正)
6-12 エスポワールシチー(牡4、佐藤哲三・安達昭夫)
7-13 オフィサー(牡7、福永祐一・森秀行)
7-14 カジノドライヴ(牡4、安藤勝己・藤沢和雄)
8-15 サクセスブロッケン(牡4、内田博幸・藤原英昭)
8-16 フェラーリピサ(牡5、岩田康誠・白井寿昭)

なんと過去3年のフェブラリーS優勝馬が揃った。
しかし、実績どおりに結果が出やすいフェブラリーステークスにおいて、
穴を狙うのは決して得策とは思えない。
むしろ、ここはGI8勝目の夢を追いたいところ。

◎カネヒキリを本命に置く。屈腱炎明けとは思えないGI3連勝。
着差こそ大きくないが、勝負根性・末脚の鋭さはこの3戦で証明済み。
3年越し2回目の優勝を期待したいところ。
そして歴史を作る瞬間を見たい。どちらかというと今回は夢馬券に近い思いが込められている。

○ヴァーミリアンはここ2戦でカネヒキリとの差を見せられた気がしないわけでもない。
しかし、明らかに実力は上位。最終追い切りに不安を残しているが、タイム的にはいつもどおり。
普段どおりの結果を残せば3着を外す事は考えられない。

▲フェラーリピサはエルムS・根岸Sと重賞連勝。
距離的にはマイルはベストに近いはず。
謎の病気も影響はほとんど残していない模様。実力の高さは折り紙付きであり、ここで一気に突っ込んでくる可能性は十分。

他、4歳勢から△カジノドライヴ・サクセスブロッケン・エスポワールシチーも抑える。

☆サンライズバッカスは2年前のフェブラリーS勝ち馬。
人気薄ではあるが走りは堅実。安定感のある走りを見せればここでも好勝負は期待。
三浦がどう乗ってくるか。そこも注目したい。

買い目は
2-9-(3・12・14・15・16)に各400円。
[PR]
by lunaticfantasy | 2009-02-21 22:32 | 競馬