Izayoi(別名:Luna)の、どうでもいい話やどうでもよくない話など。


by lunaticfantasy

桜花賞予想

1-1 ダノンベルベール(牝3、後藤浩輝・国枝栄)
1-2 ツーデイズノーチス(牝3、松岡正海・斎藤誠)
2-3 ショウナンカッサイ(牝3、幸英明・北出成人)
2-4 ヴィーヴァヴォドカ(牝3、村田一誠・勢司和浩)
3-5 アイアムカミノマゴ(牝3、武豊・長浜博之)
3-6 ワンカラット(牝3、藤岡佑介・藤岡健一)
4-7 サクラミモザ(牝3、北村宏司・畠山吉宏)
4-8 デグラーティア(牝3、浜中俊・宮本博)
5-9 ブエナビスタ(牝3、安藤勝己・松田博資)
5-10 コウエイハート(牝3、川田将雅・山内研二)
6-11 レディルージュ(牝3、鮫島良太・安田隆行)
6-12 イナズマアマリリス(牝3、池添謙一・松元茂樹)
7-13 カツヨトワイニング(牝3、大庭和弥・高橋義博)
7-14 ルージュバンブー(牝3、小牧太・佐藤正雄)
7-15 ジェルミナル(牝3、福永祐一・藤原英昭)
8-16 ルシュクル(牝3、佐藤哲三・中竹和也)
8-17 アンプレショニスト(牝3、横山典弘・畠山吉宏)
8-18 レッドディザイア(牝3、四位洋文・松永幹夫)


明らかにブエナビスタ一本かぶり。
こうなると死角を探したくなるのが本音ではあるが、
阪神JF・チューリップ賞と他の馬を問題にしない走りを見せられてしまうと死角は探しようもない。
距離が延長されるこの先のレースはともかく、1600mにおいて3歳牝馬というカテゴリーで考えると、
◎ブエナビスタ以外に印を打つのは正直自殺行為としか思えない。

相手本線は○ダノンベルベール。
前走クイーンカップから1ヵ月半空いているのが少し気になるが、
今回もいつもの栗東短期留学で挑んでいる。もはやこの馬は関東馬ではない。
阪神競馬場における関東馬の不利も跳ね返して好勝負するだろう。連帯率100%は素直に評価。

▲アイアムカミノマゴはフィリーズレビュー2着からここへ。
今回福永から乗り変わったこともあって今ひとつ人気がないが、こういうときに3着に突っ込んでくるのが、武豊クオリティ。人気薄なら狙い目か。

△レッドディザイアは経験の薄さが気になるが2戦2勝は一応評価できる。
タイムの裏づけは薄いが上がりの勝負になればある程度いい走りが出来るはず。

△ワンカラットはフィリーズレビューの勝ち馬。
アイアムカミノマゴを抑えるのであればこの馬も抑えるのが妥当というもの。
ムラっ気の激しい馬だが、一発はある。

☆コウエイハートは数少ない3勝馬の1頭。
タイムの悪さ、重賞未勝利と不利な材料しかないのだが、こういう場面で経験がいきる場合もある。
川田は人気薄になるとうっとおしい騎手。

馬単1着固定
9→(1・5・6・10・15・18)
[PR]
by lunaticfantasy | 2009-04-12 10:11 | 競馬