Izayoi(別名:Luna)の、どうでもいい話やどうでもよくない話など。


by lunaticfantasy

047:すがり

場所:京都市中京区観音寺町 錦小路室町と新町の間
ジャンル:つけ麺屋
予算:1000円弱

お勧めランク:C

値段:★★★
雰囲気:★★★☆
味:★★★☆
(Tsukuyoは★★☆)

京都の町家の中にたたずむ隠れ家的なお店。
というより、隠れ家過ぎて場所を本気で調べておかないと分からない。
中は京都の町家を生かした和風の落ち着いた店内。
席はカウンターのみ。あまり座席数は多くない小ぢんまりとしたお店。

a0045019_2335719.jpg

頼んだのはIzayoi・Tsukuyoともにもつつけ麺。
Izayoiはチャーシューを、Tsukuyoは卵をトッピング。

つけ麺と言えばラーメンをイメージさせるが、こちらはどちらかと言えばそばに近い味。
というか、たぶん基本はそば。
スープはかつおでふんだんに取ったダシを使っており、店内にはかつお節の香りがすごくただよっている。
味は結構濃厚なのだが、魚介系のダシを使っているということもありしつこさは感じない。
ただ、少しクセが残るくらいにダシを取っているので、Tsukuyoは必ずしも得意な味ではなかった模様。
元々うどん好きなTsukuyoはそば自体が麺類の中では好きな方ではないようだ。
ここは好みが分かれるところか。

a0045019_2362697.jpg

こちらが麺のアップ。

もつそばという名の通り、スープの中にはもつが入っているが、非常にぷるぷるしていておいしい。
決してホルモンは得意ではないのだが、スープと合わせて食べると濃厚な味を楽しめる。
チャーシューもトッピングしたがこちらは余計か。
メニューにあるかどうかは分からないが、もつを増量させた方がいいかもしれない。

Tsukuyoの卵トッピングの使い方は、スープに麺をくぐらせた後に卵につけるという形だったのだが、
これがなかなかおいしい。味がまろやかになるので、クセも結構紛れる。

トータルで見ると、ラーメン好きというよりはこってりしたそば好きな人にお勧めのお店。
スープこそラーメンに近いが基本的な属性はそば。
そばも普通のそばではなく、やや盛岡冷麺に近い食感があるため、
好き嫌いが分かれうる味ではあるのだが、店内の雰囲気も合わせて一度訪れる価値はあるはず。
その上で舌に合うかどうかは個人次第といったところ。
[PR]
by lunaticfantasy | 2009-09-17 23:11 | 食べ歩き