Izayoi(別名:Luna)の、どうでもいい話やどうでもよくない話など。


by lunaticfantasy

049:ウェスティン都ホテル京都・アクアブルー

場所:京都市東山区 地下鉄蹴上駅すぐ ウェスティン都ホテル京都2F
ジャンル:カフェレストラン
予算:昼・3500円程度

お勧めランク:D

値段:★★☆
雰囲気:★★★
味:★★★

東山山麓にある老舗ホテル。現在は名前が変わって、外資系傘下に。
訪れたのは2Fにある「楽しいお肉料理フェア」をやっているカフェレストラン。
店内は天井が低いながらも、広々として、色合いも落ち着いている。
ただ、ウェイターの接客は今一つか。
ラインナップは確かにお肉が豊富。
主に牛肉・豚肉があったのだが、実はメインは鳥肉食べ比べ。
比内地鶏などもあり、楽しみにしていたのだがアナウンスがなく結局食べられずじまい。
肉は味を抑えてあると言えばいいのだが、逆に油が強く重みを感じてしまった。

お肉フェアなのにも関わらず一番落ち着いて食べていたのはうなぎのちらし寿司。
そう、ここは和食・洋食が両方存在するお店となっている。
外国人向けと言えばそうなのかも。湯豆腐はおいしかった。

全体に味が淡白気味で、最後の味調整は自分でやるという点はプラスととらえるかマイナスと捕えるか。
デザートはそれなりにおいしかったのだが、
接客の微妙さもあって十分に満足できたかと言えばそうとは言い難い。

和食を置いているのに味噌汁orおすましがない、肉料理のスープがポタージュのみでコンソメ系がない。
サラダのドレッシングは豊富だけど温野菜サラダはないなど、
あと一歩足りない部分が結構目立つ惜しいお店。

うまく再構築すればいいお店にはなりそうだが、現時点ではコストパフォーマンス・味のクオリティなど全体麺で御池にあるオークラのオリゾンテに劣ると言わざるを得ない。
バリエーションをもう少ししっかりと構成するかすれば化ける要素はあるとは思うが。
南禅寺帰りの人で重量感のある食事が好みの人にはありか?
[PR]
by lunaticfantasy | 2009-10-21 08:11 | 食べ歩き