Izayoi(別名:Luna)の、どうでもいい話やどうでもよくない話など。


by lunaticfantasy

カテゴリ:食べ歩き( 84 )

場所:大阪市北区茶屋町 NU chayamachi9F
JR大阪駅・阪急梅田駅から徒歩5分程度
ジャンル:韓国料理店
予算:ランチ1000円(ディナーは4000~5000円)

お勧めランク:A

値段:★★★★
雰囲気:★★★★
味:★★★★

LoftやMBS本社がある茶屋町に新しく出来たショッピングデパートの最上階にある韓国料理店。
ランチタイムと言う事もありサラリーマンから学生まで様々な客が入っていた。かなり盛況のよう。

頼んだのはランチセット。
Izayoi:スンドゥブランチ赤(魚介ベースの激辛鍋)+豚キムチ
Tsukuyo:スンドゥブランチ白(とんこつベースの優しい味)+プルコギ

という組み合わせ。組み合わせは12通り可能。

a0045019_1759874.jpg

付け出しで出てきたのり・ナムル・キムチ。
もやしナムルが特にお気に入り。

a0045019_17563357.jpg

こちらが赤。見た目の通りかなり辛いが、豆腐がたっぷり入っており意外とまろやかさもある。

a0045019_17571284.jpg

一方こちらが白。優しい味ではあるがとんこつベースというだけあり、結構こってり。
ただ脂っこさは感じない。

a0045019_17575850.jpg

そして豚キムチ。キムチの味は日本人好みになっており、
辛い中にも甘みがしっかり。そして酸味は比較的抑えられている。

a0045019_180381.jpg

一方こちらがプルコギ。
基本韓国風すき焼きと言われるが、すき焼きよりもかなり味はやわらかめ。
春雨がたっぷり入っており、かつダシの味が染み込んだキャベツもたっぷり。
胃の調子が悪い時には特にうってつけのメニューのはず。

全体として韓国料理であるため辛いメニューは多いが、
その一方で辛さを抑えたメニューもしっかり。
Tsukuyoはホルモンをかなり気にしていた。(こちらは辛いメニュー)

ロケーションもよく、味もよい。
スペースも広々と取られていたので都会の店にたまにある窮屈さは全く感じない。
梅田でのんびりとランチを楽しむならぜひお試しあれ。
[PR]
by lunaticfantasy | 2009-03-04 18:05 | 食べ歩き

041:田ごと

場所:京都市下京区京都駅前ポルタB1F
ジャンル:和食
予算:1000~1700円

お勧めランク:C

値段:★★
雰囲気:★★★
味:★★★☆

本来は京都市の中心部に位置する料亭。
本店の予算は4000円~5桁メニューであるが、
こちらリーズナブルな価格で楽しめる和食の名店。
入った時に感じた和風ダシの香りが落ち着ける優しさをかもし出してくれる。

2人が頼んだのはそば定食。
Izayoiのはかやくご飯と天ぷらが、Tsukuyoは寿司と天ぷらがついてきた。
a0045019_8462790.jpg

a0045019_8464196.jpg

やはり伝統的な和食の名店であるだけあって、味はいい。
そばも食べやすく、かやくご飯も味はやわらかめ。
どこまでも素材の味を生かした味わいになっている。

ここまで2日間、かなりボリューム感のある料理を食べていた2人にとっては一番求めていた味。和食を外食で食べる事は珍しいのだが、こういう食事もいいと改めて感じさせられる。
何が絶品と言うわけではないのだが、1日の疲れを癒すにはおあつらえ向きの店と言える。

ただ、それなりにいい値段する割りには全体的に量は少なめ。
本当に空腹の時に入ると満足感はあまり得られないかもしれない。

なお、毎月28日はそばの日ということでそば食べ放題。
気になる方はぜひお立ち寄りを。
[PR]
by lunaticfantasy | 2009-02-10 08:52 | 食べ歩き
場所:大阪市住之江区・ニュートラム中ふ頭駅から徒歩3分
ジャンル:ティーラウンジ
予算:アフタヌーンティービュッフェ・2640円(土日祝日のみ)
(平日はアフタヌーンティーセットで2200円)

お勧めランク:A

値段:★★★★☆
雰囲気:★★★★
味:★★★★☆

2月1日に海遊館に行ったついでに午後に立ち寄ったホテルのティーラウンジ。
広々とした開放的な店内で、落ち着いた時間を過ごす事が出来る場所。
色合いもブラウンを基調としたシックな雰囲気。
場所が少し辺鄙な事もあり人も比較的少なかった。

頼んだのはアフタヌーンティービュッフェ。
紅茶を頼んだ上で、スコーン・サンドイッチ・ケーキなどは自分で取ってくるバイキング形式。

その結果IzayoiとTsukuyoが取ってきたのが、
a0045019_825121.jpg


こんなクロワッサン・キッシュ・フィンガーサンドイッチや、

a0045019_8252678.jpg


こんなスコーンやケーキなどなど。
紅茶の量は2杯半程度。決して多いわけではないのだが、
ケーキの量が豊富で、味もいい。またサンドイッチの味が最高。
スモークサーモンはとても肉厚。
ハムもボリュームがあり、やわらかい味付けがこれまた食べやすい。

スコーンは普通のスコーンというよりもクッキーに近い感じ。
クロテッドクリームはついていないが、これはこれでおいしい。

ケーキの種類は約20種類。
冬場だった事もあって苺を使ったメニューが多かった。
チョコフォンデュタワーも初体験。こちらは予想していたよりも味はあっさり気味。

質・量ともに十分に楽しめるので、
アフタヌーンティーでたまに生じる「量的に物足りない」感は全くない。
味のクオリティーだけならリッツカールトン以上。
特にサンドイッチについてはこれまでのアフタヌーンティーで最高と考えていた、
ばらの木よりもまだ格上とも言える。

ただ、残念ながらアクセスが絶望的に悪い。
梅田からだと1時間はかかってしまう。
これだけを目的としていくにはちょっと遠すぎるか。
海遊館・インテックス大阪など、この付近に立ち寄る用事があればぜひここで2時間程度の落ち着いた時間を過ごす事をお勧めする。

a0045019_8324737.jpg

ちなみにこの日午前中に購入した根岸ステークス。
馬連41.5倍が的中。回収は8300円。
Tsukuyoは外しましたが、
Izayoi&Tsukuyoで考えればアフタヌーンティー不敗神話はまだ継続中です。
[PR]
by lunaticfantasy | 2009-02-10 08:33 | 食べ歩き
場所:京都市中京区河原町御池 ホテルオークラB1F
ジャンル:中華料理
予算:ランチバイキング 4000円

お勧めランク:S

値段:★★★★
雰囲気:★★★★
味:★★★★★

ホテルオークラの地下1Fにある中華料理店。
さすが高級ホテルの中華料理店だけあって、
落ち着いた店内に従業員の接客もさすがといったところ。
入り口で服と荷物を持って行ってくれたのは助かった。

頼んだのはランチオーダーバイキング。
最初通常3人前と言われていたので1品当たりでかなりの量を考えていたが、
3人が軽く食べるのにちょうどといった分量で、これなら何皿でも行けそうと考える。

a0045019_1471331.jpg

この日は節分だったので大豆が枡に入って出てきた。
ちょっとした心遣いがいい。

まず最初にズワイガニのボイルとフカヒレ入りスープを飲みつつオーダー。
a0045019_1481214.jpg


以下に3人で頼んだメニューを全て掲載。
・ズワイ蟹の冷製
・ふかのひれスープ

・くらげの冷菜
・鯛の刺身桃李風
・芝海老の炒めXO醤風味
・牛肉のステーキ桃李風
・牛肉の炒め四川風
・肉団子の甘酢ソース
・北京ダック玄米クレープ
・豚肉と揚げ豆腐の辛味噌煮込み
・筍の香り炒め
・海老入り蒸し餃子
・ショーロンポー
・コラーゲンシューマイ
・芝海老炒飯
・タピオカ入りココナッツミルク
・マンゴミルク
・胡麻付き揚げ団子
・中国風蒸しカステラ
・究極の杏仁豆腐

メニュー自体は全部で60近くある。

a0045019_14105859.jpg

写真は筍の香り炒めと、豚肉と揚げ豆腐の辛味噌煮込み。

a0045019_14122228.jpg

・こちらは中国風蒸しカステラ、マンゴミルク、究極の杏仁豆腐。
※究極の杏仁豆腐は別途300円

とにかく一つ一つの素材がおいしい。
中華料理と言えばモノによっては味がかなり濃いものも珍しくないが、
しっかりとした味を感じつつもしつこさは全くない。
海鮮・肉料理・野菜料理と何でもメニューに揃っているので、
どんな食事の好みがある人でも楽しめるはず。
一皿の量も決して多くないので様々な味を楽しむのも、
お好みの料理を何度も頼むのもあり。

前菜からデザートまであるので、自分でコースを作ってみるのもいいかもしれない。
比較的年齢層の高い人が集まるお店で、落ち着いて楽しめる人向き。
料理の味は抜群。2時間という時間を過ごし、ホテルのレストランで食べられると言う満足感もあわせれば、4000円という値段は十二分に価値がある。

本当はもっと写真を撮りたかったが、おいしさのあまり写真を取るのを忘れてしまう。
これまでに感じたことのないゆったりとした気分とおいしい味を楽しむ事が出来た。
[PR]
by lunaticfantasy | 2009-02-05 14:16 | 食べ歩き

038:たい樹

場所:地下鉄日比谷線・東急東横線中目黒駅から徒歩2分 雑居ビル2F
ジャンル:とんかつ屋
予算:1500円~5000円(普通のメニューは2000円まで)

お勧めランク:B

値段:★★☆
雰囲気:★★☆
味:★★★★☆

中目黒駅の近くにある一見かなり目立たないとんかつのお店。
店内はカウンターとテーブル席を併せて20程度。
特にこれといった特徴はない普通のお店だが、
油のいい香りが店内に漂っている。

頼んだのは黒豚ロースカツのMサイズ(少し小さめ)。
a0045019_7415717.jpg


小さめとはいえ普通に一人前。
肉の味が衣の中に閉じ込められているとはまさにこういうものを指す。
あふれんばかりの肉汁が楽しめ、何もつけなくても肉自体の味で楽しめるくらい。

ソースの他塩(3種類)でも食べる事が出来、
結局自分はソースを使わずに食べてしまった。

素材の味を十分に生かしたカツはこれまで食べたどのカツよりもおいしかった。
ただ、値段は少々高め。このサイズで1660円。
通常サイズのロースカツだと2000円近くと、決して安いとはいえない。

ただ値段だけの価値はある。
上質の肉を味わいたい方には是非お勧め。
[PR]
by lunaticfantasy | 2009-01-14 07:47 | 食べ歩き

037:al bacio china

場所:京都市下京区 河原町通仏光寺東入・CoCo壱番屋を東方向へ入ったビルの2F
ジャンル:中華ダイニングバー
予算:ランチ・850円~950円

お勧めランク:S

値段:★★★★★
雰囲気:★★★☆
味:★★★★☆

京都の中心部にある、一見かなり目立たないお店。
その店内は中華風の音楽が流れ、中華風の店内。
夜になるとジャズが流れ、照明も変わると言う話。

ランチで頼んだのはTsukuyoがマーボー春雨のランチ。
Izayoiが上海風蒸しハンバーグのランチ。
そして出てきた物はなんとランチのコース。

a0045019_2328368.jpg

最初にまずお茶。
中華と言えばジャスミン茶のイメージだが、普通のお茶。しかしクセがなくて飲みやすい。

a0045019_23314638.jpg

その後前菜が登場。山くらげ・ひき肉+大根の葉・揚げ出し大根の3種類。
味がしっかりとついていて、これだけでご飯に合うメニュー。

a0045019_23323353.jpg

そしていよいよTsukuyoのメイン・マーボー春雨。
春雨が多めのイメージとは異なり、竹の子やネギ・きのこなど様々な具が豊富。
辛味はしっかりとあり、味も強めであるが、それでいて後に残らない深い味わい。
量もそれなりにある。

a0045019_23345129.jpg

こちらはIzayoiの頼んだ上海風蒸しハンバーグ。
ハンバーグと言う割りには、肉の噛みごたえがしっかりしていて、
肉の深い味わいを楽しむ事が出来る。
そして、ネギの入ったスープは塩味の利いた味。
肉・スープともにその味は絶品。

コースとしては、これに併せて、
・スープ(あっさりとした味わいの飲みやすいスープ)
・ご飯
・点心(この日は肉まん)
がついてくる。
a0045019_23422880.jpg



最後に杏仁豆腐(+100円)をデザート。
こちらは杏仁のクセがあまりなく、ミルキーさが際立っている。
味わいとしてはバニラクリームのような感じ。甘くておいしい。

総合的に言えば、過去食べた中のランチでも最高クラス。
ランチのコースとして十分すぎるほどの味と、分量。
これが1000円を割る値段というのは、そうそう他を探しても見つかる物ではないだろう。

ランチメニューは日替わりなので、何度でも訪れる価値のある店。
雰囲気が変わるという夜のメニューも是非試してみたいところ。

なお、この店の一番のオススメメニューは夜に出てくる麻婆豆腐。
辛いが非常に人気で、おいしいらしい。
[PR]
by lunaticfantasy | 2008-12-17 23:39 | 食べ歩き
場所:南海難波駅駅ビル・ホテルスイス南海6F
ジャンル:ティーラウンジ
予算:1人3000円、2人なら2500円

お勧めランク:D

値段:★★★
雰囲気:★★★★
味:★★★

以前から突撃を検討していたホテルスイス南海にいよいよ行くことに。
もちろん目当てはアフタヌーンティー。
大学の同期の友達を1名連れて3人で行ってきました。

a0045019_18242570.jpg


出てきたのはこんな感じ。
すごかったのはスコーンは2つしかないのに、
ジャム2つ・クロテッドクリーム・蜂蜜3種類の6つの味。
こんなに出ても食べられません。
結局好みはおなじみのジャム&クロテッドクリーム。

スコーンは比較的軽い食感で食べやすい。
そしてケーキは種類が豊富で、この店の最大の売りは恐らくこのケーキなのだろうと感じさせられる。全体的においしかった。
Izayoiの好みは柑橘系のムース。
Tsukuyoはクグロフ?(平べったいパンみたいなの)。ジンジャー入り。

ところがサンドイッチの味が今ひとつ。
全体に塩コショウがあまり利いていないこともあり、全体にぼやけている。
見た目が手の込んだ作りになっている割りには、味があまり反映されていないのが残念。
塩コショウの瓶が置かれていたのはそういう理由かと後になって納得。

全体としては食べやすいのは間違いないが、
メインはケーキ。アフタヌーンティーよりはケーキセットを頼む方がいいかも。


なお、この日行われた阪神JFの馬券をウインズ難波で購入しました。
Izayoi:馬連10.9倍を200円で的中。
Tsukuyo:ワイド4.2倍を300円で的中。

Tsukuyoのアフタヌーンティー不敗神話はまだ継続中です。
ここまで4戦4勝。
[PR]
by lunaticfantasy | 2008-12-17 18:32 | 食べ歩き

035:百年屋

場所:京都駅八条口アバンティ専門店街B1F
ジャンル:ラーメン屋
予算:800円~1000円

お勧めランク:E

値段:★★★
雰囲気:★★
味:★★☆

京都駅八条口のデパート(?)、アバンティの地下にあるラーメン屋。
情報誌、LEAF京都に掲載されているのを見て訪れてみたが、
確かに平日夜でも人が結構入っていた。
店内の雰囲気はあくまで普通のラーメン屋。
カウンター形式などではなく、まさにオーソドックスなお店。

a0045019_22511384.jpg

Izayoiが頼んだのは「とんこつ・味噌」のラーメン。
ところがとんこつの味があまりしない。というよりも味噌の味はするのだが、
かなりあっさりしている。スープだけ飲んだら確かにおいしい。
どうやら、比較的あっさりした味を売りにしているお店のようだ。

油をあまり使っていないこともあり、スープがかなり冷めやすかったのが残念なところ。
キムチが食べ放題で、甘めながら味はしっかりしているので、合わせて食べるとちょうどいいかも。

a0045019_2252408.jpg

一方、Tsukuyoが頼んだつけ麺。普通のつけ麺と異なり、
麺が太めで少し透き通っている。その点では少し冷麺に近い感じの麺。
食感としてはコシがしっかりしていて食べ応えは十分。
1玉130gで2玉までは無料で追加可能なのも魅力。
スープは塩味の効いたちょっと濃い目の味だが、そのままでも十分に飲める。
こちらは結構ヒット。

そして、添えで頼んだギョーザとチャーハンは非常においしかった。
チャーハンは全体にしっかりと味がいきわたっていて、
パラっと仕上がっている。ラーメンで口が寂しい時にチャーハンを食べると言う、
普通とは逆の食べ方をすることになった。

全体としての評価は、味は女性向き。
ダシの味もやわらかいのを使っていると思われるので、
薄味好みでない人にとっては少し残念な思いをするかもしれない。
正直メニューによって好みは分かれるが、つけ麺だけは自信を持って勧められる。
[PR]
by lunaticfantasy | 2008-11-19 22:58 | 食べ歩き

034:とんがら家

場所:京都市下京区西木屋町通仏光寺上る
ジャンル:中華系創作料理店
予算:800~900円(ランチ)

お勧めランク:C

値段:★★★☆
雰囲気:★★★☆
味:★★★

木屋町通りの南方面にたたずむ中華系創作料理のお店。
どうやら辛いメニューを前面に押し出した店のようだが、
ランチではそうとも限らずリーズナブルな価格で楽しめる。

店内はまさに京都の町家風。和風の店内は以前に訪れた「うしのほね あなざ」を髣髴とさせた。ただし、とんがら家の方がよりコンパクトで落ち着いた雰囲気。

食べたのはIzayoiが麻婆豆腐定食、Tsukuyoがチンジャオロース定食。
チンジャオロースは辛さはなく、苦手な人でも食べやすい。
辛味好きには物足りないかもしれないが、鶏がらのだしが効いている。
少し味は濃い目で、量が意外と多いためもうワンパンチ欲しかった。
a0045019_22332717.jpg


一方麻婆豆腐はしっかりとした辛味のおかげで、
疲れが吹っ飛ぶ味。コクもしっかりしていていくらでも食べられる。
ミンチが大ぶりに刻まれていて、肉の味も楽しめるのは大きなプラス。
a0045019_22333817.jpg


しかし、この店で一番の当たりは追加で頼んだうどん。
a0045019_22341869.jpg

ショウガがやわらかい出汁にいい刺激を与えている。
そして麺がしっかりとしたコシで細めん。
量的にもかなりあり、十二分に満足できる分量。
余計な具はあまり入っていないので、純粋に麺とつゆのおいしさを楽しめる。

これが追加料金100円というから驚き。

なぜかご飯がパサついていて、そこがマイナス点ではあるのだが、
一度訪れる価値は十分。
本来のメインである辛いメニューもぜひ試してみたいところ。
[PR]
by lunaticfantasy | 2008-11-19 22:36 | 食べ歩き

033:野の葡萄

場所:大阪府守口市イオン大日ショッピングセンター4F
ジャンル:バイキングレストラン
予算:昼1500円、夜2000円
(多人数割引あり)

お勧めランク:B

値段:★★★★
雰囲気:★★★
味:★★★☆

自然食材を主に使ったヘルシー志向のバイキングレストラン。
全体に油をあまり使っていない、胃に優しい食事が多いが、
しっかりした味付けのものもあるので物足りなさはあまり感じさせない。

a0045019_2323511.jpg

店内はこんな感じ。自然が一つのテーマなだけあって、木材を中心に使った落ち着いたお店。

a0045019_23245479.jpg

Izayoiの持ってきた皿。
ヘルシー志向とはいえ、しっかりとボリュームのあるメニューもある。
カレーはかなり甘口だが、こういうのもなかなかおいしい。
麻婆豆腐が白黒のパンダ豆腐という名前が付けられており、
味もしっかりしていた。

a0045019_23261327.jpg

一方Tsukuyoはまさにヘルシーを地で行くメニュー。
うどんは細め。こしはあまり強くないが、その分胃にするする入りやすい。

a0045019_2327925.jpg

左のカップに入っているのはヴィシソワーズ。
奥のゴーヤーと豚の炒め物も脂っこさはあまり感じなく、食べやすい。

a0045019_23283317.jpg

Izayoiは麻婆豆腐を丼風に。ついでに肉じゃがも。ちょっとした居酒屋メニュー。

夜は時間無制限なのでいくらでものんびり出来るのが魅力。
味は一部しっかりしたものもあるが、全体には薄めなので、
濃い味好みの人にはあまりお勧めできない。
一杯食べたいけどカロリーが気になる、油っぽいものはちょっと・・・という時にはまさにおすすめ。デザートメニューもそれなりに充実しているので、バイキングとしてのコストパフォーマンスは十分。
ただし、あくまでヘルシー志向なので、洋菓子系のメニューは期待しない方がいい。
和風のデザートやフルーツが豊富。
[PR]
by lunaticfantasy | 2008-08-14 23:30 | 食べ歩き