Izayoi(別名:Luna)の、どうでもいい話やどうでもよくない話など。


by lunaticfantasy

カテゴリ:競馬( 34 )

東京優駿 予想

1-1 ディープスカイ(牡3、四位洋文・昆貢)
1-2 サクセスブロッケン(牡3、横山典弘・藤原英昭)
2-3 ブラックシェル(牡3、武豊・松田国英)
2-4 タケミカヅチ(牡3、柴田善臣・大江原哲)
3-5 アグネススターチ(牡3、赤木高太郎・大根田裕之)
3-6 モンテクリスエス(牡3、福永祐一・松田国英)
4-7 スマイルジャック(牡3、小牧太・小桧山悟)
4-8 アドマイヤコマンド(牡3、川田将雅・橋田満)
5-9 マイネルチャールズ(牡3、松岡正海・稲葉隆一)
5-10 レインボーペガサス(牡3、安藤勝己・鮫島一歩)
6-11 レッツゴーキリシマ(牡3、幸英明・梅田康雄)
6-12 サブジェクト(牡3、吉田豊・池江泰郎)
7-13 ベンチャーナイン(牡3、武士沢友治・小桧山悟)
7-14 エーシンフォワード(牡3、和田竜二・西園正都)
7-15 フローテーション(牡3、藤岡佑介・橋口弘次郎)
8-16 メイショウクオリア(牡3、岩田康誠・西橋豊治)
8-17 ショウナンアルバ(牡3、蛯名正義・二ノ宮敬宇)
8-18 クリスタルウイング(牡3、内田博幸・藤沢和雄)

逃げるのはアグネススターチか。
メイショウクオリア、クリスタルウィング、スマイルジャック、レインボーペガサスなどが先行勢。
サクセスブロッケンも前に着けるはず。
マイネルチャールズやエーシンフォワードが中団。アドマイヤコマンド、タケミカヅチもこのあたりか。
ブラックシェルやディープスカイは後ろから行くだろう。

今日の東京競馬場はとんでもない不良馬場。
3歳未勝利とはいえ、2300mで2分28秒2は正直異常。

明日は晴れて馬場が回復するとはいえ、水をしっかりと含んだ芝がそう簡単に乾くとは思えない。そして、外からの差しが全くと言っていいほど利かない。
外枠の馬はそれだけで不利と言った方がいいだろう。
追い込み勢も大きな割引が必要。

本命は◎アドマイヤコマンドとする。
やや重の2400m青葉賞で2分26秒9とタイム実績の裏づけがあるのはそれだけでも大きい。
今年はアドマイヤの馬が席巻している。このあたりまではその勢いは続くのではないか。
相手筆頭には○マイネルチャールズ。
皐月賞3着は立派。追い込んでの3着ではあったが、この馬は先行力もある。
▲ディープスカイは毎日杯・NHKマイルカップと連勝。
正直距離が長い可能性もあるのだが、重賞連勝の勢いは捨てることは不可能。
他、ダート無敗で初芝がダービーという一見無茶な挑戦にも見える△サクセスブロッケン、そしてクラシック有力馬を毎年のように送り出しているきさらぎ賞組から△レインボーペガサスを抑える。

☆タケミカヅチは距離不安、使い詰めなど様々な不安要素があるが、レースにおける安定感は捨てられない。ここでも2着の食い込みはあるか。

そして、橋口厩舎・藤岡祐介の組み合わせで挑んできたフローテーションを相手にもう1頭。
今日残念ながら予後不良となってしまったローゼンクロイツへの追悼の一発はあるか。

馬連
8-(1・2・4・9・10・15)
以上6点で勝負。
[PR]
by lunaticfantasy | 2008-05-31 22:48 | 競馬
1-1 テンイムホウ(牝6、柄崎将寿・柄崎孝)
1-2 ブルーメンブラット(牝5、後藤浩輝・石坂正)
2-3 ローブデコルテ(牝4、福永祐一・松元茂樹)
2-4 ジョリーダンス(牝7、安藤勝己・堀宣行)
3-5 ピンクカメオ(牝4、内田博幸・国枝栄)
3-6 エイジアンウインズ(牝4、藤田伸二・藤原英昭)
4-7 タニノハイクレア(牝4、的場勇人・矢作芳人)
4-8 パーフェクトジョイ(牝5、池添謙一・池江泰寿)
5-9 ウオッカ(牝4、武豊・角居勝彦)
5-10 アルコセニョーラ(牝4、田中勝春・畠山重則)
6-11 トウカイオスカー(牝4、横山典弘・後藤由之)
6-12 ヤマニンメルベイユ(牝6、柴山雄一・栗田博憲)
7-13 ニシノマナムスメ(牝4、吉田隼人・河内洋)
7-14 タイキマドレーヌ(牝5、北村友一・松元茂樹)
7-15 ベルモントプロテア(牝4、小野次郎・川村禎彦)
8-16 マイネカンナ(牝4、岩田康誠・国枝栄)
8-17 ベッラレイア(牝4、秋山真一郎・平田修)
8-18 レインダンス(牝4、武幸四郎・宮徹)

今回最も扱いが難しいのがウオッカの扱い。
果たして、近走の不振をどう捕らえるか。
ドバイDFの4着は復活ののろしなのか。
その一方で、武豊の重賞での信頼の無さはあまりにもひどい。
1番・2番人気を背負い続けながらも重賞勝ちは3月以降出ていない。

今回はあえて馬連を組み、馬券から切るという手段に出ることにした。

本命は◎ニシノマナムスメ。
読売マイラーズカップ2着は評価すべき。
2年前のダンスインザムードも同じローテーション。
ダイワメジャーとカンパニーでは実力にかなり差があるかもしれないが、
牡馬相手に健闘したその実力は本物だろう。

○ベッラレイアを対抗に推す。
秋華賞から7ヶ月ぶりの出走。
しかし、その時の勝ち馬はダイワスカーレット。3着にウオッカ。
成績に下降線が見えるウオッカと不在のダイワスカーレットの前では最強4歳牝馬世代を名乗る資格はこの馬にもあるはず。

▲エイジアンウインズは阪神牝馬ステークスの勝ち馬。
やはりトライアルとして設定されているこのレース。1600mを経験していないのは気がかりだが、芝代わりでも十分通用した。そのままGI奪取を期待できるはず。この馬も4歳。

他、阪神牝馬S2着の△ブルーメンブラット。
福島牝馬ステークスを勝利している△マイネカンナを抑えとして評価。

☆ローブデコルテは去年のオークス以降勝利が無い。
しかし、近走は牡馬混合戦であったり、56kg以上を背負わされたりと
GI馬としての評価が重くのしかかってきた。
今回数少ない斤量が軽くなる馬の1頭。元々コジーン産駒であることを考えても本質はマイラーかもしれない。

13-(2・3・6・16・17)で馬連5点勝負
[PR]
by lunaticfantasy | 2008-05-17 22:26 | 競馬

NHKマイルカップ 予想

1-1 サトノプログレス(牡3、横山典弘・国枝栄)
1-2 アンダーカウンター(牡3、小林淳一・中竹和也)
2-3 スプリングソング(牡3、池添謙一・鶴留明雄)
2-4 レッツゴーキリシマ(牡3、幸英明・梅田康雄)
3-5 ブラックシェル(牡3、後藤浩輝・松田国英)
3-6 エイムアットビップ(牝3、松岡正海・矢作芳人)
4-7 ドリームシグナル(牡3、吉田隼人・西園正都)
4-8 サダムイダテン(牡3、岩田康誠・中村均)
5-9 ディープスカイ(牡3、四位洋文・昆貢)
5-10 アポロフェニックス(牡3、柴田善臣・柴崎勇)
6-11 ゴスホークケン(牡3、内田博幸・斎藤誠)
6-12 リーガルスキーム(牡3、安藤勝己・中尾秀正)
7-13 セッカチセージ(牡3、田中勝春・畠山吉宏)
7-14 ダノンゴーゴー(牡3、藤岡佑介・橋口弘次郎)
7-15 ファリダット(牡3、武豊・松元茂樹)
8-16 エーシンフォワード(牡3、福永祐一・西園正都)
8-17 アポロドルチェ(牡3、勝浦正樹・堀井雅広)
8-18 ダンツキッスイ(牡3、藤田伸二・橋本寿正)

今回は前に行く馬が多い。
エイムアットビップ・ダンツキッスイ・ゴスホークケンが前に行く。
それに続くのがダンツキッスイ、サトノプログレス、レッツゴーキリシマ、リーガルスキームなど。

ダノンゴーゴーやディープスカイは後ろからか。
ファリダットやエーシンフォワードは中団に位置取りそう。

今回考えなければいけないのは、明日が重馬場必至であること。
現在進行形で東京は雨が降っている。
明日は重馬場か。それとも不良馬場か。いずれにしろ、好転する可能性は低いだろう。
そうなると、前残り重視。あるいはパワー馬場ということでダート馬をも選ぶという選択肢が発生する。

悩まされたが、
今回の本命は◎スプリングソングとする。
ここまで3戦3勝。ヤネ池添は少々気になるが無敗馬は抑えておきたいところ。
母父トニービンと府中への相性も評価したい。短距離向きにも見えるが、1600mは経験済み。
○ファリダットを相手本線に置く。
武豊が1番人気でないという段階で抑えてみたいところ。
母ビリーヴなので短距離系かと思われたが、走りを見る限りはマイルまでは通用しそう。
キングマンボ産駒によるNHKマイル制覇3勝目を期待したい。
▲エーシンフォワードはここ2戦1600m戦で2着。
朝日杯は9着だが、事実上のGIIクラスのメンバーであるこのレースならその実力は実績が裏づけしているといってもよい。

他、牝馬で唯一参戦の△エイムアットビップ。
数少ない重賞馬の一頭である△ディープスカイを見たい。

☆ゴスホークケンは前走12着とあまりにも意外な結果だが、
これだけで見切るのは早計か。
人気落ちするならば、ここでもう一度復活を信じる価値はあるだろう。

(3・6・9・11・15・16)を3連複BOX 20点で勝負。
[PR]
by lunaticfantasy | 2008-05-10 22:32 | 競馬

天皇賞・春 予想

1-1 サンバレンティン(牡7、佐藤哲三・佐々木晶三)
2-2 アドマイヤフジ(牡6、川田将雅・橋田満)
3-3 アドマイヤモナーク(牡7、安藤勝己・松田博資)
3-4 ホクトスルタン(牡4、横山典弘・庄野靖志)
4-5 トウカイエリート(牡8、上村洋行・野中賢二)
4-6 アドマイヤメイン(牡5、福永祐一・橋田満)
5-7 ドリームパスポート(牡5、松岡正海・稲葉隆一)
5-8 メイショウサムソン(牡5、武豊・高橋成忠)
6-9 ドリームパートナー(セン8、和田竜二・大久保洋吉)
6-10 ポップロック(牡7、内田博幸・角居勝彦)
7-11 トウカイトリック(牡6、幸英明・野中賢二)
7-12 アイポッパー(牡8、藤田伸二・清水出美)
8-13 アサクサキングス(牡4、四位洋文・大久保龍志)
8-14 アドマイヤジュピタ(牡5、岩田康誠・友道康夫)

GI馬が少ないとはいえ、それに匹敵する実力を持った馬も多く、また何よりもGI4勝のメイショウサムソンがここ2戦惨敗と今ひとつ信頼が置き辛い。
一方、アドマイヤジュピタやアドマイヤモナーク、ポップロックなどGI戦線で実績を重ねた馬、最近の上がり調子の馬などがいて、かなり取捨選択が困難。

今回逃げるのは恐らくホクトスルタン。
アイポッパー、アドマイヤメイン、アドマイヤジュピタ、メイショウサムソン、ポップロックなど有力馬がことごとく先行勢につけている。
後ろから行く馬はドリームパスポートあたりか。先行馬が多いため牽制しあう展開を予想。

◎アサクサキングスを本命に置く。
前年の菊花賞馬。今年の4歳牡馬はレベルが低いと言われてきたが、最近の成績を見る限りそうでもなさそう。前走大阪杯は+16kgで3着。ある程度絞って調子を上げてこれば上位争いは必至だろう。
○ホクトスルタンを対抗に。
血統に興味は無い。関心は鞍上の横山典弘と前走サンシャインSでの走り。
6馬身差圧勝は本物。そして逃げ馬。4年前の衝撃はよみがえるか。
可能性は秘めている。
▲アドマイヤジュピタはやはり阪神大賞典上位組。
安定して天皇賞に絡んでくる阪神大賞典勝ち馬のデータは無視することは出来ない。
△アドマイヤモナークはヤネが安藤勝己。
アドマイヤ軍団4頭出しは勝負掛かりだろう。終わってみれば騎手で決着と言う可能性も十分。
☆メイショウサムソンは正直うまみはない。
しかし、1番人気ではない武豊はやはり抑えたくなるのが本音。
正直、ピークを過ぎたという感覚もないわけではないのだが・・・
まだ見限るには早いだろう。切ることは出来なかった。

ワイドBOX
3・4・14 3点
3連複BOX
3・4・8・13・14 10点
馬単
3→4

以上を合計2000円で勝負。
[PR]
by lunaticfantasy | 2008-05-03 21:45 | 競馬