Izayoi(別名:Luna)の、どうでもいい話やどうでもよくない話など。


by lunaticfantasy

<   2008年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

宝塚記念 予想

1-1 インティライミ(牡6、佐藤哲三・佐々木晶三)
2-2 メイショウサムソン(牡5、武豊・高橋成忠)
3-3 フォルテベリーニ(牡6、鮫島良太・加用正)
3-4 アルナスライン(牡4、和田竜二・松元茂樹)
4-5 サクラメガワンダー(牡5、福永祐一・友道康夫)
4-6 アドマイヤオーラ(牡4、安藤勝己・松田博資)
5-7 アドマイヤフジ(牡6、川田将雅・橋田満)
5-8 ロックドゥカンブ(牡4、岩田康誠・堀宣行)
6-9 エイシンデピュティ(牡6、内田博幸・野元昭)
6-10 ドリームパスポート(牡5、蛯名正義・稲葉隆一)
7-11 アサクサキングス(牡4、四位洋文・大久保龍志)
7-12 カンパニー(牡7、横山典弘・音無秀孝)
8-13 アサカディフィート(セン10、小牧太・鶴留明雄)
8-14 エアシェイディ(牡7、後藤浩輝・伊藤正徳)

前に行くのはエイシンデピュティか。それとも、アサカディフィートか。
アルナスライン、ロックドゥカンブも前につけるはず。
サクラメガワンダーは中団。アサクサキングスもこのあたり。
メイショウサムソンはアサクサキングスを見るあたりか。
ドリームパスポート、エアシェイディは後ろから行くだろう。

今日は重馬場となると、前に行く馬が有利。
そして重馬場への適正は重要な要素となってくる。

本命に◎ロックドゥカンブを押す。
マカオRCT1着、有馬4着と重馬場への対応力は十分。
今回が斤量の恩恵を受けるラストチャンス。
岩田の大舞台での騎乗が炸裂することを期待。
相手筆頭には○メイショウサムソン。
重馬場への適性は言うまでもない。
後ろから行かれると届かず終了の可能性も高いが、
ここまでの実績を考えると切るのはあまりにも無謀。

他、目黒記念2着の▲アルナスライン。
今年の目黒記念はメンバーが揃っており、レベルは高かったと言ってよい。
距離適正は2000m以上。この距離でも力は発揮できるはず。先行力も魅力。

△エイシンデピュティはトライアル、金鯱賞を勝ってきた。
2200mは長い印象もあるが、前に行く力はこの重馬場ではプラスに生きるだろう。
△カンパニーは一昨年のバランスオブゲームと同じ香りがする。
1着はないだろうが、2・3着ならどうか。鞍上にも期待できる。

☆アドマイヤオーラは脚質、実力ともにややGIでは足りない印象。
しかし、展開に恵まれ末脚勝負となった時には安勝の力が発揮されてくるのではないか。
昨年のPOG持ち馬だったこともあって、応援したい。

3連複1頭軸
8-(2・4・6・9・12)の10点で勝負。
[PR]
by lunaticfantasy | 2008-06-29 08:28 | 競馬

帝王賞・予想

1-1 フリオーソ(牡4、船橋・戸崎圭太)
2-2 オフィサー(牡6、栗東・福永祐一)
3-3 ヤマトマリオン(牝5、栗東・小林徹弥)
3-4 チャンストウライ(牡5、兵庫・下原理)
4-5 ショーターザトッシ(牡6、大井・酒井忍)
4-6 ボンネビルレコード(牡6、美浦・的場文男)
5-7 マズルブラスト(牡6、船橋・張田京)
5-8 ワンダースピード(牡6、栗東・小牧太)
6-9 マルヨフェニックス(牡4、笠松・尾島徹)
6-10 アルドラゴン(牡7、兵庫・木村健)
7-11 ルースリンド(牡7、船橋・今野忠成)
7-12 ウルフボーイ(牡6、川崎・真島大輔)
競走除外 スウィフトカレント(牡7、栗東・武豊)
8-14 コウエイノホシ(牡5、川崎・坂井英光)


先に行くのは何か。
もっとも、今年の出走メンバーを見る限り主力となるメンバーは限られている。
実績・実力から考えて抜けているのは◎フリオーソ以外考えられない。
相手本線には○ボンネビルレコードを押す。
GI2勝は評価すべき。展開に恵まれたという意見もあるが、
中央のGI馬を相手に完勝したその力は並みの馬で出来ることではない。
これに加えて、GIIIアンタレスステークスを勝ってきた▲ワンダースピード、
地方馬からはJBCクラシックや東京大賞典で中央馬相手に好走を続けている△ルースリンドを挙げる。
☆ヤマトマリオンはGII東海ステークスを勝利している割りに評価が低い。
確かに不良馬場の中、展開に恵まれた勝利ではあるが、
今年の帝王賞は例年に比べると若干層が薄い。
チャンスはこの馬にもあるのではないだろうか。

3連複
1-(3・6・8・11)で6点の勝負。
[PR]
by lunaticfantasy | 2008-06-24 21:58 | 競馬
全国的には、
このようなランキングだそうです。

Izayoiはノータイムで「小林淳一」が出てきました。
次に出てきたのは「芹沢純一」でした。
[PR]
by lunaticfantasy | 2008-06-18 08:00
POG2008-2009の詳細ルールを公開しました。
基本的に昨年と同じですが、
海外レースへの扱いが異なっています。
[PR]
by lunaticfantasy | 2008-06-18 07:23 | 競馬

028:Lee Tan Tan Cafe

場所:東京都多摩市 京王多摩センター駅そば 三越6F
ジャンル:中華料理&カフェ
予算:1000円~1500円

お勧めランク:B

値段:★★★☆
雰囲気:★★★☆
味:★★★★

京王多摩センターの三越の中にあったオープンカフェが入れ替わって出来ていた、
中華料理がメインのお店。
白を基調とした落ち着いた店内と、ゆったりした空間が特徴。

頼んだのは黒酢の酢豚・小龍包。
(母親はほたてと塩野菜の炒め物)
出てきたときに酢の強い香りがものすごかったのだが、
実際に食べてみると意外と味がやわらかい。
中華料理といえば、一般的に強い味付けが多いというイメージが強いが、
ここはそういう意味では味は日本的。
素材の味がしっかりと生かされているのが良く分かる。

サイドで出てきた、春雨酸辣湯スープもおいしい。
全体にいえるのは味が柔らかくて、それでいて物足りなさを感じさせない。
ホタテと塩野菜の炒め物は、野菜がふんだんに入っていた。
竹の子や長いも、ピーマンやキクラゲなどが軽いあんかけで絡められていて、
ホタテがぷりぷりしておいしかった。
正直、海鮮系は決して得意ではないIzayoiだが、これは実においしく食べられた。
ほどよい塩味がプラス得点。

濃いのが好きだという人にはあまりお勧めが出来ないが、
優しい味でも満足できる人にはいい。
空間も広々と取られていて、デパートのレストランということもあって、
落ち着いて食事を楽しめる。

値段もリーズナブルなので、ランチメニューとして立ち寄るには格好のお店。

写真を撮れなかったので、こちらのHPで雰囲気をお楽しみ下さい。
こちら。
[PR]
by lunaticfantasy | 2008-06-16 19:08 | 食べ歩き

027:東洋亭

場所:京都市下京区 四条河原町 高島屋京都店7F
ジャンル:洋食屋
予算:1000円~1800円

お勧めランク:C

値段:★★★
雰囲気:★★★☆
味:★★★☆

今回は昼・夜と高島屋2連発。
Tsukuyoにはタカシマヤカードを作ったらと言っておきました。

一見普通の洋食屋。
実は京都駅地下のポルタにもお店があるが、
さすがデパートと言うべきか。京都駅に比べて店内の雰囲気が全体に高級感を漂わせていた。

メインのメニューはハンバーグ系統。
頼んだのはホイルに包まれたデミグラスソースのハンバーグと、
おろし和風ハンバーグ。

a0045019_7583169.jpg

特筆するほどおいしいというわけではないのだが、
ハンバーグにデミグラスソースがしっかりと染み込んでいて、
しっかりとした味を楽しめる。それでいて、しつこさは感じない。
a0045019_801343.jpg

おろし和風ハンバーグの方は大根おろしベースのたれが別の器に入っており、
漬けて食べる感じ。

大きなじゃがバタもあり、さらにライスはお変わり自由なので、
意外と満足できるメニューとなっている。
値段もそこまで高いわけではないので、デパートのいい雰囲気を味わいながら、
夕食を楽しむにはお勧め。
[PR]
by lunaticfantasy | 2008-06-13 08:02 | 食べ歩き

026:ばらの木

場所:京都市下京区四条河原町 高島屋京都店2F
ジャンル:カフェラウンジ
予算:アフタヌーンティーは1680円(現在は品目が減少した代わりに値下がりしました)

お勧めランク:A

値段:★★★★
雰囲気:★★★★☆
味:★★★★☆

高島屋の女性向けブランドものが一杯並んでいるフロアの中にある、
19世紀ヨーロッパの雰囲気を漂わせたカフェラウンジ。

店内はさすがデパートの喫茶店といった感じで上品な雰囲気。
スペースは広くないのだが、窮屈さを感じさせなかった。

アフタヌーンティーセットを頼むと、まずテーブルクロスを引いてもらえた。

a0045019_20245045.jpg

紅茶は6種類のフレーバーから1つを選ぶ形。
普段アールグレイを頼んでいるIzayoiはシャンパンフラワーというお茶を頼んだ。
出てきたお茶の香りは、ものすごく甘い香りを漂わせながらも、
実際に飲んでみるとかなり軽い味わい。
ちなみに、ポットで出てきて3杯半ほど飲むことが出来た。

驚きだったのはサンドイッチの量の多さ。
a0045019_20262745.jpg

なんと山積み。
さらに、
「追加で2種類ありますけど・・・」

まじっすか。

結局5種類のサンドイッチの味を楽しむことが出来た。
・スモークサーモン
・えびとアボカド
・チーズとくるみクリーム
・きゅうり
・ハムサンド

a0045019_2029790.jpg

これがそれぞれ4~6つ楽しめた。

a0045019_20293544.jpg

スコーンはレーズンとオレンジの2つ。
個人的にはレーズンの方がお勧め。
クロテッドクリームもしつこくなく、食べやすい味。
甘みもほどほどで、それでいてお腹にはしっかりと溜まる。

a0045019_20305454.jpg

プチガトーは6種類の中から3種類を選ぶ形。
クランベリーソース(みたいな感じ)が入ったチョコレートムースのケーキが一番おいしかった。
他のケーキも味はいい。
マンゴーとパッションフルーツが入ったケーキもほどよい酸味でいい味。

全体に、食べやすい味と雰囲気のよさ。
さらにボリューム感たっぷりの量でしっかりと満足できる。

普通のお店で昼ごはん+お茶をすると1500円はかかる。
そう考えると、ここで少し優雅な雰囲気に浸りながら時間を過ごす意義は十分にあるはず。

ランチメニューもおいしそうだった。
再び訪れる価値は十二分にある。
[PR]
by lunaticfantasy | 2008-06-12 20:44 | 食べ歩き
場所:京都市下京区 四条通寺町 藤井大丸7F
ジャンル:喫茶店
予算:ハイティーセットは1680円

お勧めランク:E

値段:★★☆
雰囲気:★★★☆
味:★★☆

藤井大丸の7階にあるバーのような雰囲気を漂わせた喫茶店。
店内の雰囲気は黒系を基調としているが、シックというよりもモダンな感じ。
a0045019_1948114.jpg


頼んだのはハイティーセット。
アフタヌーンティーよりも、肉や野菜を用いて昼食に近い雰囲気を持たせた感じ。

a0045019_19333988.jpg

a0045019_19334887.jpg


メインの前に出てきたのがサラダとチョコドリンク。
サラダは普通のシーザーサラダなのだが、チョコドリンクが上がベリー系の酸味。
下がココア系のチョコレートドリンクと1つで2つの味を楽しめるものに。

a0045019_19344432.jpg


ハイティーセットの全景。
他の店と異なる特徴を挙げると、スコーンが1つでチョコレートケーキor硬いクッキーのような感じのものが2段目に。
ジャムはあらかじめスプーンに乗っかっていて、クロテッドクリームはなし。

a0045019_19364516.jpg

一段目はサンドイッチ。ロールサンドのような物もあった。
トマト・鴨肉・サンドを3つ同時に食べるとそこまで感じないのだが、
ちょっと肉にクセがある感じ。
Tsukuyoは「これは鴨肉のクセではない」とのこと。

a0045019_19381047.jpg

こちらがスコーン+α。
スコーンは軽い感じで食べやすかったのだが、特に特徴はなし。
ところが、後になると結構胃が重かった。バターの質が微妙なのかも・・・

a0045019_1939121.jpg

上のケーキは普通においしかった。
Tsukuyoはこれにくっついていたマカロンが一番好きだったとのこと。
マカロンは食べたのが初めてだったが、ちょっと酸味がある一方で、
表面の部分はかなり甘い。種類を選ぶ必要がありそう。


総合的に言えば、値段の価値があるかといわれると難しい。
雰囲気は悪くないが、このクラスなら周辺に結構あるというのもまた事実。
この値段ならホテルのランチメニューを頼んだ方が楽しめるかも。
マカロンだけはTsukuyoお勧め。ちなみに1個190円で販売していた。
[PR]
by lunaticfantasy | 2008-06-12 19:46 | 食べ歩き

ブラクラ

ロフトにTsukuyoと行ってみました。

ブラックライトが売ってました。

a0045019_1964830.jpg


Izayoiはふと気づいてしまいました。

a0045019_197443.jpg

[PR]
by lunaticfantasy | 2008-06-12 19:07

三室戸寺のあじさい

宇治に三室戸寺というあじさいで有名なお寺があります。
長いこと宇治に行く機会が無かったので、Tsukuyoと合流してあじさいを見に行くことに。

非常に落ち着いた場所で、駅から歩いて15分。
たどり着いた場所はもはや山のふもと。

a0045019_1912035.jpg


こんなところ。
境内にはハスがいっぱいありました。花は咲いていませんでしたが。
本堂の横にはお土産屋が。

a0045019_1925044.jpg


アジサイの形にまとまった金平糖。
3つで100円と思ったら3つで1000円。そりゃそれくらいの値段はしますねw

そしてメインのあじさい。
a0045019_1934415.jpg

まだ咲き始めといったところ。全体としては5分咲きくらい。
青か白のあじさいが大多数でした。

a0045019_1943156.jpg

少し引いてみるとこんな感じ。

年配の人ばかりの中で少し珍しい存在のようでしたが、
静かな森に囲まれた中、うぐいすの声が響き、
落ち着いた時間を過ごすことが出来ました。

本格的な見ごろはこれからのようです。
宇治近辺に住んでいる人は一度行ってみてもいいかも。
[PR]
by lunaticfantasy | 2008-06-12 19:05