Izayoi(別名:Luna)の、どうでもいい話やどうでもよくない話など。


by lunaticfantasy

<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

クイズマジックアカデミーの現状。

今日賢者に昇格。
フェニックス組で昇格試験を受けて、一発で優勝条件達成。
学問なら大体俺のターンです。
一方、全国大会は勲章40個くらいで終了。
検定試験は90年代検定をS取ったものの、残り一つのSが取れず。

候補は、
・アメリカ検定
・海外旅行検定
・戦国時代検定

このあたりではないかと思われるのですが・・・

記念に現時点でのジャンルごとの正解率を大公開。
学問:76.65%
雑学:73.84%
芸能:68.16%
スポーツ:65.23%
アニメ&ゲーム:54.55%
ノンジャンル:62.88%
平均正答率:67.99%



一方ドラムマニア。
久々のプレイであるにもかかわらず、案外スコアが伸びる。
現在18プレイで1075.67pt
(LONG埋め済み、EXPERT未プレイ)

1100までは行きそうなめどがつきました。
1150あたりまでいければいいかなぁ。
[PR]
by lunaticfantasy | 2008-07-30 01:40
場所:大阪市北区 JR大阪駅桜橋口から徒歩5分程度
ザ・リッツカ-ルトン大阪 1F
ジャンル:カフェラウンジ
予算:アフタヌーンティーセットは3900円~5000円(サービス料込み)

お勧めランク:B
値段:★★★
雰囲気:★★★★★
味:★★★★

言わずと知れた高級ホテルの1Fにあるロビーラウンジ。
ドアボーイがいるホテルの入り口に、一見薄暗く見える店内は
重厚感と威厳を感じる。
しかし、実際に中に入ってみると案外気軽にいられるお店。
他の客を見ても、結構カジュアルな服装で来ている人が多かった。

店内はバイオリン・ピアノの生演奏が流れており、
最初はその音楽に聞きほれる状態だったが、しばらくするとBGM化するのが不思議。

頼んだのはクラシックティーセット(3900円)。

頼むとまずはポットが出てきた。
a0045019_845958.jpg


ウェッジウッドのポット。ちなみに、下に小さなランプが置かれているので、
常に温かい状態でお茶を楽しむことが出来る。

a0045019_86076.jpg

こちらが私が頼んだダージリンのカップ。
a0045019_86244.jpg

一方、こちらがTsukuyoが頼んだブルーサファイアのカップ。

クッキーがついてきて、サクサク感を味わいながらお茶を楽しむ。
ちなみに、お茶は全て従業員が入れてくれるというサービスの徹底ぶり。

メインの3段プレートはこんな感じ。
a0045019_88138.jpg


ドライトマトのキッシュ。
玉ねぎがふんだんに使われている。簡単に言えば、グラタンをパイ生地で包んだ感じ。

キュウリを上に載せたスモークサーモンのサンドイッチはスモークサーモンが肉厚で、
脂身がしっかりと乗っていた。それとキュウリのさっぱり感がうまくマッチしている。
もう一つのサンドイッチも中身はスモークサーモン。

Tsukuyoのお気に入りは小さなガラスケースに入ったガスパチョ。
上がトマト。下が濃厚なクリームで、少し冷たい。
パプリカが2つ串に刺さっていて、カラフルな見た目でまず楽しみ、
味わってトマトとクリームの深い味わいが口全体に広がった。

a0045019_8133171.jpg

二段目のスコーン。出ました、ジャムの小瓶。
これを空ける瞬間がささやかな高級感とともに、楽しいのです。

スコーンはしっとりしながらも、重さは感じさせない。
個人的にはジャムをプレーンスコーンにたっぷりと塗りつけて食べるのがお気に入り。
クロテッドクリームをつけたレーズンスコーンも絶品。
スコーンの味と言う意味ではこれまでに食べたアフタヌーンティーのどれよりもおいしかった。
2個しかないが、これでしっかりお腹に溜まる。
それでいて、胃もたれは感じない。心地よい満足感を得ることが出来る。

a0045019_8175495.jpg

一番上のプチケーキ5つ。

シュークリームは甘みの強いタイプ。
逆にベリーソースを乗せたケーキは酸味がしっかり。
一方ゼリーは上に銀箔が乗っていて、さっぱりした味わい。

個人的なお気に入りはベリーソースを乗せたライムタルト。
小さいながらもしっかりとした酸味があり、夏にぴったり。
チョコマカロンにもパッションフルーツが入っていてほのかな酸味。

基本的に2ヶ月(3ヶ月?)ごとに、メニューが変更されており、
季節ごとに合ったメニューが提供されている模様。
Tsukuyoが春に訪れたときにはバターを使ったボリューム感のあるメニューが多かったようだ。

とにかく、店内のサービスの行き届き具合がすごい。
カップの紅茶がなくなりかけたら、いつの間にか継ぎ足してそのまま去っていく。
最初は少し驚きながらも、動きの自然さに途中から気にならなくなってくる。

やがて紅茶がなくなってくると、
従業員「新しいお茶を足しましょうか?」
私「あ、はい。お願いします。」

なんと、紅茶はお代わり無制限。
店内の高級な雰囲気、クラシックの生演奏、店員の行き届いたサービスを、
心行くまで楽しむことが出来ると言う状態。

3900円という値段は決して安いものではないが、
サービス料という言葉の本当の意味と、一時味わえる非現実空間に近いほどの、
高級感を味わうには十分な値段。
味も値段相応の価値はあるので、少し心身が疲れているときに
リフレッシュのつもりで訪れてみるといいだろう。
店内に入った瞬間から様々な新しい刺激を受けることは間違いない。
[PR]
by lunaticfantasy | 2008-07-23 08:38 | 食べ歩き

030:松之助

場所:京都市中京区 高倉通御池下る
ジャンル:喫茶店
予算:1000円程度

お勧めランク:C

値段:★★★
雰囲気:★★★
味:★★★★

アメリカンスタイルな雰囲気を漂わせた喫茶店。
祇園祭の期間中(15日)に訪れたのだが、あまり知られていないのか、
それともエリアが少し外れているからなのか人は少なかった。

頼んだのはスコーンとケーキにそれぞれ紅茶。
a0045019_10474866.jpg

ケーキはクリームチョコパイを頼んだのだが、パイ生地が非常に薄く、
スプーンでクリームとチョコクリームとすくっていくという食べ方。
生クリーム大好きのIzayoiにとってはなかなかのツボ。
a0045019_10485093.jpg


しかし、ここでの衝撃はなんと言ってもスコーン。
まずは見た目。
a0045019_10483065.jpg


添えられているのは生クリームとりんごジャム。
食べてみると非常に軽い味わいでさくさくと口に入るのだが、
何しろ量が凄い。
クランベリーを入れているので、ほんのりと甘酸っぱい味わいと一緒に
クリームをつけて食べるとこれがもう最高。

ちなみに、値段は580円程度。十分な価値はある。
この日は夕方が大雨で、雨脚が落ち着くまで店内にいたのだが、
そうした緊急避難的な場所としてに限らなくても、
十分に落ち着いて午後のおやつを楽しむことが可能。

味は保証出来る。普通の喫茶店なので紅茶が一杯限りなのが残念なところ。
[PR]
by lunaticfantasy | 2008-07-17 10:52 | 食べ歩き

029:左近

場所:京都市東山区 四条縄手通り付近 ヤサカビルB1F
ジャンル:洋食屋
予算:ランチなら1000円~1300円

お勧めランク:A

値段:★★★★☆
雰囲気:★★★
味:★★★★

祇園の花街がすぐ近くにある、隠れ家的な存在の洋食屋。
舞妓さん、芸妓さんのうちわが数多く並んでおり、いきつけの人が多い事をうかがわせる。
実際、この日も料亭か置屋の女将さんらしい人が、何人かの接待客を連れて訪れていた。

2人が頼んだのはビーフカレーとランチBセット。
ランチBセットはこんな感じ。
a0045019_10292072.jpg


Tsukuyoの一番お気に入りはハンバーグ。
肉の味がじわっと口に広がり、ソース無しでもおいしい。
もちろんデミグラスソースは非常に美味しかった。
Izayoiが少し食べた上での一番ツボは一口カツ。
肉が柔らかくてジューシー。衣はしっとりとした感じで揚げられているのだが、
油っぽさは全く感じさせない。
エビフライは身がぎっしりと詰っている感じ。かなり肉圧でボリューム感たっぷり。

一方カレーは夜に出される100g3000円クラスのステーキ肉の切れ端を用いていて、
まずいはずがないというメニュー。
a0045019_10322339.jpg


玉ねぎがたっぷり。味は意外と甘口なのだが、スパイスはしっかりと効いていて、
後からじわっとくる辛さ(というより、スパイシーさ)が魅力的。
カレーなのに、ご飯が茶碗で出てきて、さらに味噌汁も出てくるのだが、
これはカレーライスというより、ご飯と味噌汁でカレーをおかずにして食べるという感覚。


店員が職人気質と言うべきか、正直無愛想ではあるのだが、
個人的には気にならない。結構いい人そう。
夜はとてつもない値段になるお店な割りにはランチがリーズナブル。
祇園のお店、そしていかにも通向けの隠れ家的な雰囲気を味わうには
うってつけのお店と言えるだろう。

間違いなく万人にお勧め出来る。
[PR]
by lunaticfantasy | 2008-07-17 10:36 | 食べ歩き
昨日のスカイプトーークから。(←アメトーーク風に)

だい「Vのハイパーが37ということで、でらの七段=ポプの37ですね。」

ということで、七段以上の仮想段位認定表を作ってみました。

七段
サイバーデジビートEX
ロープレバトルEX
ハイパージャパネスク2EX
ガムランEX

八段
ニンジャ卍ヒーローEX
浪速っ子ブギEX
ハイパーロッケンローレEX
未来派EX

九段
サイケデリックトランスEX
エンシャントユーロEX
カイゾクEX
トラウマパンクEX

十段
ナイトメアカルーセルEX
シンフォニックメタルop.2EX
グランヂデスEX
サイバーガガクEX

皆伝
プログレッシブバロックEX
ニエンテEX
クラシック9EX
トイコンテンポラリーEX


暇な方はやってみてください。
ぽぷもEXコース登録が出来れば面白いんですけどね。


自分がやれば多分九段はいけるはず。
十段は・・・サイガガ以外はクリアしてるんだけどねぇ。
[PR]
by lunaticfantasy | 2008-07-05 11:56