Izayoi(別名:Luna)の、どうでもいい話やどうでもよくない話など。


by lunaticfantasy

<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

アーケード編
ポップンミュージック17 THE MOVIE 未プレイ

なんと地元の店が稼動していません。
もしかしてこのままポップンは撤去するつもりなのでしょうか?
コナミの音ゲーは積極的に入れているし、ポップンも人気があった気がするのですが。

DRUMMANIAV5 SKILL1240でストップ
完全に行き詰まりを感じました。続きはV6で頑張る事にします。

DanceDanceRevolutionX
レベル26くらい。あのゲージが何を意味するのか未だに理解していません。
とりあえずDP限定プレイヤーは今回も継続中。
この間PARANOiA SurvivorとMAX300のEXPERTをクリア。

ただ、未だに赤譜面をDIFFICULTというのに慣れません。
昔みたいにLIGHT・STANDARD・HEAVYで良かったと思うのですが。


クイズマジックアカデミー6
ついに学問系しか取れない私の時代が到来。
まだガーゴイル組ですが2戦2勝。アニゲが出にくいQMAは幸せです。
ライフスタイルは思ったほど痛手にはならなさそう。理系学問が私含めて全員に刺さるのが厳しいですが。

Answer×Answer2
メインカードで10連続予選落ちをやらかし、気持ちを切り替えるためにサブカードを開始。
名前は「橘瑠奈」。明らかに分かりやすい名前ですので、対戦したときはよろしくお願いします。
とりあえず30戦ほどプレイしてアンサー二段に到達しました。もうすぐ三段でしょうか。
リーグはS1です。



家庭用
とは言ってもぶっちゃけGCCXしかありません。
やりこんでいるのはスタープリンスSA・トリオトスDX・くぐれ!ギリジャンMAXの3つ。

スタープリンスSA
3分:743400点
5分:1075900点

5分の詰めの甘さがかなり目立ちます。

トリオトスDX
LV999 2808200点
7回目の挑戦でようやくレベルカンストに成功しました。

くぐれ!ギリジャンMAX
1位:66090点

ええ、未だに専務になれませんよ!

スタープリンス5分は計算上は120万くらいまで取れると思うのですが、どこまで近づけるか・・・
[PR]
by lunaticfantasy | 2009-03-13 10:06
起床は翌朝7時の予定でしたが、
10分前に目が覚めたので、お茶を入れることに。
7時に目覚ましを設定しておいたところ、Tsukuyoも7時に起床。

前日に頼んでおいた朝日新聞はドアの下から入れられていました。

テレビを見たり朝の外の風景を見ながら、40分後くらいにクラブラウンジへ。
少し元気の出る明るい感じのクラシック音楽に乗せて、朝食タイムです。

a0045019_757324.jpg


こちらがTsukuyoのメニュー。
一方私は和食派。ホテルの朝食なので果たしてあるかなと思いましたが、

a0045019_852066.jpg

こんな形でしっかりと和食ベースの朝食を組む事が出来ました。
これにサラダを追加。

朝は一日の活力とはよく言いますが、これだけ食べてて活力が出た食事もほとんど記憶がありません。
ゆったりした環境の中で英気を養う事の大切さを理解。

その後部屋に戻って、少しのんびりしているうちに外の車の流れも活気あるように。
そういえば、意外と大阪ドームが近くに見えました。直線距離だとかなり近いのかもしれません。

やがて時間もチェックアウトの11時が近づいてきました。
いよいよ出発の時間です。

チェックアウトの手続もクラブラウンジということなので、最後のクラブラウンジへ。
チェックアウトの手続を済ませて、そろそろ出ようか・・・といったところへ、

「あちらに軽食を用意しておりますので、お時間がありましたら召し上がって行って下さい」

もちろん時間はあるので最後の軽食へ。
確かに軽めではあるが、軽いお昼を済ませるには十分すぎる量。
チェックアウト時にグレープフルーツジュースを飲んでいた私は、少し口をさっぱりさせたいと思っていたので紅茶を頼みました。

a0045019_8105221.jpg

フィンガーサンドとスモークサーモンやレタスを薄いパン(トルティーヤみたいな感じ?)で巻いた物。

a0045019_8123250.jpg

全体としてはこんな感じです。鴨に野菜ペーストを載せたようなものや、サラダも。

ここで30~40分ほど過ごして、いよいよ本当のチェックアウト。
最後にホテルマンの方が「またのお帰りをお待ちしております」との一言。

必ずまた帰って来たいと思います。
次行けるなら7月中旬でしょうか。
[PR]
by lunaticfantasy | 2009-03-10 08:16
午後6時前に一時外出。
ロビーにカギを預けてソフマップへ。
行くところがどうよ、というコメントは禁止です(w

以前から買う予定にしていた
「ゲームセンターCX 有野の挑戦状2」を購入。ちなみに通常版です。

1時間ほど出歩いた後、部屋に戻って再びクラブフロアへ。
すると、
「おかえりなさいませ」の一言。

HPにも書かれ、口コミでも言われていた「第二の家」という意味を少し理解。
昼よりも少し照明を落としたフロアの中には客がいっぱい。
しかし、空間が広々と取られているので窮屈さは全くなく、むしろ活気を楽しめる雰囲気。

軽食とは言いつつもラインナップはかなりしっかり。

a0045019_91754.jpg

子羊の煮込みが一番のお気に入り。
ところが、入った時間がかなり遅めだった事もありさすがに追加はありませんでした。
それでも他のメニューで十二分に満足できました。

a0045019_918339.jpg

こちらはサラダ。

さらにフォアグラ初体験。
ガチョウの肝を肥大させたもの、ということくらいは知っていましたが実際に食べるのは初めて。
レバーが苦手な私ですが、意外とクセはない。
ただ、とにかく脂身がすごく少量ながらボリューム感はすさまじいものが。

一度部屋に戻ってCXを軽めにプレイ後、8時半くらいに再びクラブフロアへ。
すると1時間前とは雰囲気が一変。

a0045019_9215447.jpg

このような夜景を眺めながら、バーラウンジのような雰囲気に。

こういう場所ならもちろんお酒ということで、
2人で1杯目にはシャンパンを、私はさらに2杯目に紅茶ベースのマンゴーカクテルをもらいました。

a0045019_9215061.jpg

私はクッキーとロールケーキを持ってきましたが、Tsukuyoはトリュフを。
曰く、「最高においしい」ということ。
チョコレートにはかなり造詣のあるTsukuyoの言う事ですから間違いないのでしょう。
私は食べていませんが。

ロールケーキは抹茶ロールで中に生クリームと小豆。
クッキーはちょっと歯ごたえがありながらもしっとりとした味わい。
両方ともお酒にぴったり合う味でした。
甘みは少し強めなので、かえってお酒の味を引き立たせているような気がします。

1時間ほどして部屋に戻る時には「おやすみなさいませ」の一言。
こういう一言が気持ちのいいものです。

常にと言うわけではありませんがホテルマンの人は結構同じ人が応対してくれていました。
専属とまでは行かずとも、最初のチェックインの段階で最後までメインで担当する人が決まっているのかもしれません。ある程度顔もなじんできますので、これも安心感をもたらしてくれますね。

部屋に戻った後お風呂に入り、その後はゲームセンターCXをやりながらテレビを見たりのんびりしたり。

この日の就寝時間は1時前でした。
[PR]
by lunaticfantasy | 2009-03-06 09:28
3月2日~3日にかけて、Tsukuyoと2人でリッツカールトン大阪に泊まってきました。
それも普通の部屋ではなく、

クラブラウンジも利用できる部屋。

クラブラウンジは34F
そして宿泊する部屋も34F

午前中にTsukuyoと合流し、お昼ご飯を韓国料理で済ませてから
15:00にいよいよチェックイン。

「お待ちしてました」の言葉と共にいきなり34Fへ案内されます。
エレベーターで専用のカギを使って入れる特別フロア。
そして通されたクラブラウンジは、眼前に大阪の町を一望。

その中でチェックインの手続。
その前にいきなり「お飲み物はいかがですか?」の言葉。
少し驚きながらも紅茶を注文。2杯目はグレープフルーツジュース。

何しろ全てが初めて。
署名や前金(全額前払いと言う事自体知らなかったレベル)の支払を済ませて、
そろそろ部屋に行こうかと思っていたところへ、

「アフタヌーンティーを用意しております」
どうやら部屋へは行きたい時にいつでも案内してもらえるとのこと。

a0045019_22304687.jpg

34Fと言えば高さ約110m。街の全てを下に見下ろせるくらいの高さです。
自分が今まさに別世界にいる事を実感。

その中で選んだアフタヌーンティーは、
a0045019_22315226.jpg

基本の飲み物はこんな感じ。Izayoiはこの日2杯目のグレープフルーツジュース。

a0045019_22323718.jpg

スコーンとムースを持ってくる。
ちなみに、ひな祭り直前と言う事もあり菱餅型のムース。

a0045019_22331923.jpg

やはりフィンガーサンドウィッチは欠かせません。
デザートも併せて食べる事に。

お昼にしっかり食べたはずなのですが、それでも案外入ります。
非日常の空間で最高のもてなしをしてもらえる。

まさに「都会の別荘」という言葉がぴったりの空間。
最初は20~30分もいればいいかと思いきや、気づけば時間は既に5時前。

この後部屋に案内してもらい、ソファーでくつろいでいました。
部屋の中は中で広々とした空間、落ち着いた空間でのんびり。

もっともその後、

「ゲームセンターCX2」を買いに行ったのは公然の秘密です。
[PR]
by lunaticfantasy | 2009-03-04 22:39
場所:大阪市北区茶屋町 NU chayamachi9F
JR大阪駅・阪急梅田駅から徒歩5分程度
ジャンル:韓国料理店
予算:ランチ1000円(ディナーは4000~5000円)

お勧めランク:A

値段:★★★★
雰囲気:★★★★
味:★★★★

LoftやMBS本社がある茶屋町に新しく出来たショッピングデパートの最上階にある韓国料理店。
ランチタイムと言う事もありサラリーマンから学生まで様々な客が入っていた。かなり盛況のよう。

頼んだのはランチセット。
Izayoi:スンドゥブランチ赤(魚介ベースの激辛鍋)+豚キムチ
Tsukuyo:スンドゥブランチ白(とんこつベースの優しい味)+プルコギ

という組み合わせ。組み合わせは12通り可能。

a0045019_1759874.jpg

付け出しで出てきたのり・ナムル・キムチ。
もやしナムルが特にお気に入り。

a0045019_17563357.jpg

こちらが赤。見た目の通りかなり辛いが、豆腐がたっぷり入っており意外とまろやかさもある。

a0045019_17571284.jpg

一方こちらが白。優しい味ではあるがとんこつベースというだけあり、結構こってり。
ただ脂っこさは感じない。

a0045019_17575850.jpg

そして豚キムチ。キムチの味は日本人好みになっており、
辛い中にも甘みがしっかり。そして酸味は比較的抑えられている。

a0045019_180381.jpg

一方こちらがプルコギ。
基本韓国風すき焼きと言われるが、すき焼きよりもかなり味はやわらかめ。
春雨がたっぷり入っており、かつダシの味が染み込んだキャベツもたっぷり。
胃の調子が悪い時には特にうってつけのメニューのはず。

全体として韓国料理であるため辛いメニューは多いが、
その一方で辛さを抑えたメニューもしっかり。
Tsukuyoはホルモンをかなり気にしていた。(こちらは辛いメニュー)

ロケーションもよく、味もよい。
スペースも広々と取られていたので都会の店にたまにある窮屈さは全く感じない。
梅田でのんびりとランチを楽しむならぜひお試しあれ。
[PR]
by lunaticfantasy | 2009-03-04 18:05 | 食べ歩き