Izayoi(別名:Luna)の、どうでもいい話やどうでもよくない話など。


by lunaticfantasy

<   2009年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2009年を振り返る

色々衝撃的な1年でした。
正直1年前にはこんな経験をするとは予想もしていなかったという部分が1つ。

今年のブログを振り返ってみると色々わかると思います。
来年は個人的にも色々変わる年になりそうです。
ようやくスタートラインに踏み出せそうかなと。

来年も食べ歩きつつ、競馬を楽しみつつ、
色々な楽しみの幅を広げられるような生活が出来るようにしたいですね。

とりあえず今日のゲーム納めの結果。

・IIDX
Red. by Fullmetal JacketはAAクリアまでは達成。
HARD?当分先になりそうです。
9段はかなり無理な予感。

・DDR
意外とシングルが踏めることが判明。
ETERNALのX-Specialはあっさりと突破。
一方鯖MAX激は沈没。まぁ、もう少し身軽になりたいです。

・ドラム
今年最後の曲はA.DOGMA黄。
スキルポイントは1260台止まりでしたが、60台を少しずつフルコンすることに成功。
Ringで初めてのSS達成。

まぁ、永遠の中級者は健在。
来年もまったりとしたゲームライフは続きそうです。
[PR]
by lunaticfantasy | 2009-12-31 23:11
問題:初代「星のカービィ」のCMで使われていた歌の歌詞を書いてください。

答え:♪ま~るかいて おまめがひとつ おむすびふたつ
あ~~っというまに 星のカービィ

さあ、間違いはどこでしょうw

正解はこちら
[PR]
by lunaticfantasy | 2009-12-22 21:58
場所:大阪市北区 大丸梅田店B2F
(本店は船場センタービル内)
ジャンル:カレーハウス
予算:600円~1000円

値段:★★★
雰囲気:★★
味:★★★

お勧めランク:C

リッツカールトン宿泊後、何か軽めに食べられるものとという目的でお店を探していた時に、
カレーの香りに釣られて立ち寄ったお店。

頼んだのはインデアンカレーと呼ばれるドライカレーの中央に生卵を乗せたカレー。
値段は680円。
ボリュームはあまりないが、カレーは食べてみると意外とスパイシー。
a0045019_2353314.jpg


卵を絡めることで、スパイシーさがまろやかになる。
ただ、正直なところ卵白の存在は微妙かも。
胃が重たくても何だかんだで食べられるのはカレーならではの魅力。
さすがにデパートの地下2階ということもあって、喧騒感があることは否めないが、
カレーが好きな人であればぜひ食べてみることをお勧めする。
[PR]
by lunaticfantasy | 2009-12-18 00:00 | 食べ歩き

051:PIZZA SALVATORE CUOMO

場所:京都市中京区三条木屋町 高瀬川沿い
(他全国に50件以上チェーンあり)
ジャンル:イタリアンレストラン
予算:1000円~1500円(ランチ)

値段:★★★☆
雰囲気:★★★
味:★★★☆

お勧めランク:B

関東を中心に展開されているナポリピザのお店。
関西は京都のこのお店を含めて3軒しかない。
パスタもあるが、メインはやはりピザ。
入り口にいきなり焼き窯があり、次々と出来上がっていくピザを見ているだけでも楽しめる。

頼んだのはIzayoiがマルゲリータ、Tsukuyoがサーモンとバジルをベースにしたピザ。
a0045019_233485.jpg

ピザはイタリアンスタイル。生地が薄いながらももっちりしている。
一方外側はふっくらとした厚みのある仕上がりとなっており、
同じ生地でも2つの味が楽しめる形に。
味は意外と柔らかめか。しつこさは感じさせなかった。
トマトの程よい酸味が口の中に広がる。これで1000円。

一方Tsukuyoのピザは味が濃厚。値段は1300円。
a0045019_23391710.jpg

一つ一つの味はかなり強いのだが、意外と味が喧嘩することはない。
サーモンとバジルの味がうまく合わさっている。
やっぱりよくとろけるチーズがおいしい。

かなり人気のお店で店内は混雑気味。
落ち着いた雰囲気とは言い難いが、高瀬川を目の前にするロケーションはなかなかのもの。
ピザとしての味は十分。アメリカンスタイルのお店が多い中、本格的なイタリアンピザをこの値段で食べられるなら十分に価値はあるはず。コストパフォーマンスは優秀。
意外と重たさは感じさせず、ピザという印象よりは軽い味わい。

なお、ドルチェが+300円で食べられるがTsukuyo曰く「あまり価値はないのでは?」とのこと。
[PR]
by lunaticfantasy | 2009-12-17 23:42 | 食べ歩き
酔い覚ましに少しホテル近くを散策することに。
近くにクリスマスイルミネーションをやっている場所があったので様子を見に行く。

a0045019_8231696.jpg

こんなペンギンや、

a0045019_881414.jpg

こんなピーターラビットを眺めつつまったり。

意外と屋台の食事が美味しそうに見えました。
お腹が減っていれば多分何かつまんでいたと思います。

再びホテルに戻ると、ロビーラウンジからは歌声が。
クリスマスソングが次から次へと流れていました。
外側から聞いている人も結構いて、我々もロビーに腰掛けながらのんびり。

ロビー周辺の他のクリスマスツリーはこんな感じ。
a0045019_8102557.jpg

a0045019_8103592.jpg


後は部屋でのんびり。ふたご座流星群も少し見ることができました。
なお、夜中1時に「お試しかっ!」を見て盛り上がっていたのは秘密ですw


翌朝は7時に起床。日の出を見ようと思いましたが、残念ながら雲が多め。
新聞をながめつつ、梅こぶ茶を飲んで朝のロビーへ。
ホテルの朝食は元気が出ます。

7月と異なり、ドリンクがセルフサービスになっていた代わりにラインナップが少し増えていた気がします。
Izayoiはご飯にお味噌汁、これにサラダとソーセージ、マッシュポテトを乗せるおなじみスタイル。
一番変わったのは昔と違ってバイキングで自己セーブが効くようになっていることかも。

1時間ほど過ごしてから再び部屋へ戻り、少しマッサージをTsukuyoにやってもらいつつ、最後のひと時を。
都会の別荘の空間も残りわずか。

11時前にチェックアウト。最後もやっぱりグレープフルーツジュース(w
チェックアウトはしましたが、クラブフロアはまだいることができます。通称ロスタイム。
最後はポタージュにサンドイッチを食べました。
カクテルにカニのムースとカニを焼いたものがあったのですが、
Tsukuyo曰く「カニ味噌行けるんじゃない?」
Izayoiはカニ味噌が苦手だったのですが、このカクテルは美味しく食べられました。
味覚のバリエーションが増えたかもしれません。

クラブラウンジを出たのは11時半。
そして最終的にホテルを出たのは12時。

こうして21時間の別荘滞在は終了。
クリスマスモードだったこともあって、すごく全体が華やかでした。
冬の行動プランの鉄板に・・・出来るといいなと思います。
[PR]
by lunaticfantasy | 2009-12-17 08:22
1回目:3月
2回目:7月
そして今月、またもリッツカールトンに宿泊してきました。
今回はTsukuyoからの誕生日プレゼント。ものすごくありがとう。

とはいえ、3回目ともなると色々慣れてきます。
さすがに戸惑うこともありません。
ただ、前回はTsukuyoが大混雑の時に泊まりに行ったようで、なかなか大変だった模様。
今回はどうかと思ってクラブフロアへ。

今回は結構空いている模様。
3月の時のように今回はオフシーズンだったようです。

早速チェックイン後、最初のアフタヌーンティーを。

a0045019_22502684.jpg

a0045019_22504332.jpg


今回はイチゴとチーズのムースが一番お気に入り。
Izayoiはこの時を含めて3つもいただきました。
月夜はチョコレートムースとバニラムースのグラスがお気に入りだったよう。
他ブルーベリーのケーキなど、ツボなラインナップが目白押し。

a0045019_2256495.jpg

普段テーブルには花が活けられているのですが、
今回はクリスマスモード。夜にはここにキャンドルが入っていました。

この後、一度部屋に戻ってみる。
部屋は角部屋で南と東側に視界が開けていました。
そんな中、少しやり残していた勉強を。
これが中々気分いい。

前回Tsukuyoは会計処理をデスクでやっていたようですが、
ちょっとした作業を豪華な部屋でやるというのは気分が乗って、普段以上に進む気がします。

今回リッツカールトンはクリスマスモード。
ラウンジもクリスマスソングが流れていましたが、1階のロビーはもっとクリスマスモード。
カウンターにはお菓子で作った村が出来ていて、周囲には列車が走っていました。
製作期間は1ヶ月半とのこと。写真はありませんが、すごい出来でした。
中でも一番印象的だったのは正面のロビー中央にあった、この巨大ツリー。

a0045019_22553930.jpg

非常に豪華の一言。一方、クラブフロアはピンクを基調とした可愛いデザインのツリー。
もう一つ白をベースにしたツリーもありました。

夜には再び軽食。ここからは雰囲気を味わうことがメインで、写真はありません。
夜の軽食は経験上必ずしも当たりメニューが揃っているとは限らなかったのですが、
今回は大当たりのメニューが連続。
中でも一番だったのは牛肉のたたき。塩コショウで味付けされており、食べると脂が溶けるよう。
同時にあったローストビーフも非常に美味しかったです。

その後はナイトキャップ。
前回頼んだ「グレープフルーツジュース+トニックウォーター+杏のリキュール」を頼み、程よい酸味を楽しんでいたところで、ホテルの人が。
そこで聞いてみる。

「他に柑橘系ベースのおすすめのカクテルはありますか?」
「あります(即答断言)」


いかにも自信ありという言葉の中で出てきたカクテルは、
「ライチリキュール+カシスリキュール+グレープフルーツジュース」

甘酸っぱい味わいが口いっぱいに広がりもう最高。
とにかく柑橘系が大好きなIzayoiです。
そう言えば、最初のアフタヌーンティーの時間に別の接客の女性にもこの話を聞かれていたようで、
「好きなんですか?」
「はい、特にグレープフルーツが好きなんですよ」というやりとりも。
(今回もグレープフルーツジュースはチェックアウトまでに4杯いただきました)

1時間強のんびりと過ごしたのち、再び部屋へ。
そして酔いを醒ますために少し外出することにしました。

(後半へ)
[PR]
by lunaticfantasy | 2009-12-15 23:09 | 食べ歩き

050:東京ミートレア

場所:東京都八王子市 京王相模原線南大沢駅出てすぐ フレンテ南大沢5F
ジャンル:肉料理
予算:普通に食べれば1500円~2000円程度

値段:★★★☆
雰囲気:★★☆
味:★★★☆
(店によって味は異なるのでトータルとしての評価です)

お勧めランク:B

12月3日に南大沢駅前に出来た新ショッピングビルの最上階に出来た、日本初の肉のテーマパークといううたい文句で誕生したお店。
エリア内には7つの肉料理関係のお店があり、様々なメニューを出してくれる。
当初は巨大スペアリブを食べる予定であったが、あまりの混雑ぶりに断念。
代わりにテイクアウトメニューを中心に手軽に食べられる物を複数食べることにした。

a0045019_18113178.jpg

まずはオーソドックスに味噌かつ。
しかしカップに入ったカップ味噌かつ。
パッケージには「スーパーカップ」の文字が。
味は普通においしいといったところ。意外性はないがカップに入っているというのは中々お手軽感が強い。

a0045019_20352697.jpg

こちらは名古屋コーチンの手羽先唐揚げ。
5本980円の割にサイズは小さいのだが、味が濃厚で冷めていてもおいしい。
骨をしゃぶっていても味をしっかりと感じることができる。
外側にまぶされたブラックペッパーもスパイシーさを強めていていい感じ。

a0045019_20334367.jpg

こちらはハンバーグかつ。
中にはチーズが入っている。メンチカツとも違い、確かに味はハンバーグに近い。
ソースもついてきたが、正直必要はないと思う。それくらい味がしっかりついている。
さらにこれで150円は安い。かなりお得感の強いメニュー。

a0045019_18162022.jpg

そして何といっても一番おいしいのはこの肉巻きおにぎり。
肉は基本味噌味。そして中のご飯にもごまがまぶされている一方で、外側の味がしみわたっている。
そして何よりすごかったのは買ってから20分近く経過していたのにものすごい熱さ。
おにぎりは直前にバーナーで目の前で焼いてくれる。
300円と値段自体は普通だが、コストパフォーマンスはかなりのもの。
いかにも肉といったパワー系のメニュー。

とりあえずテイクアウトメニューだけでもかなり価値がある。
実際に中に入っていないのでそれ以上のメニューを書くことができないが、
近くで食べていたゴールドラッシュのハンバーグはかなりおいしそう。
目の前でソースを鉄板の上にかけてくれるので、ジューといった音が周囲に響き渡る。
これが食欲をそそらせる音。
店内は全体的に肉の香りが漂っており、おなかをすかせている場合にはぜひといったところ。
値段も意外とリーズナブルで、個人的にはラーメン博物館よりもコストパフォーマンスは上と考える。

基本的にはグループ向けのお店。色々なメニューを頼んで食べ比べるのが一番の楽しみ方だろう。

ちなみに、こんな色ものメニューも。
a0045019_20315117.jpg

見た目ではよく分からないかもしれないが、「あんちーずカツ」
カツの中にあんことチーズが入っているが、味は正直実験的試みだけは評価するといったところ。
まぁ、お遊び感覚でどうぞ。
[PR]
by lunaticfantasy | 2009-12-07 18:26 | 食べ歩き