Izayoi(別名:Luna)の、どうでもいい話やどうでもよくない話など。


by lunaticfantasy

<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ロックマン9・空中決戦

4月11日は桜花賞でした。
そこは横に置いておいて、
この日3人で大阪の某高級ホテルに宿泊しました。

目的は、1泊80000円の部屋(定価)でゲームオフ

その時の画像がこれ。

a0045019_21142496.jpg

こんな夜景を外に見ながら、
180度振り返ると

a0045019_21125242.jpg

こんな2人が。

他にもマリオブラザーズとか迷宮組曲とか。
非常に優雅でバカバカしい時間を楽しめました。

ちゃんとクラブラウンジやお酒も楽しみましたよ。
いいじゃん、別に部屋の中が80年代でも(
[PR]
by lunaticfantasy | 2010-04-19 21:14

062:鶴橋焼肉 牛一

場所:大阪市天王寺区 JR・近鉄鶴橋駅出てすぐ
ジャンル:焼肉店
予算:1300円~(好きなだけ食えw)

値段:★★★★
雰囲気:★★
味:★★★★

お勧めランク:A

焼肉駅鶴橋駅から降りてすぐにある、焼肉の専門店。
雑然感はまさにコリアンタウン。駅に着いた瞬間焼肉の香りが漂う。

頼んだのは焼肉のランチセットに、タンユッケ。
ちなみに肉150gに、キムチやナムル、さらにスープがついて1300円。
a0045019_2203967.jpg

サラダもついてくる。

a0045019_2205810.jpg

一見分かりにくいが、肉は3種類。ロース、カルビ、バラの3種類。
なお、200gで1600円のコースもある。

スープはカルビスープ。味は比較的薄めに作られているので、
脂っこくなった口の中をさっぱりするのに向いている。

a0045019_2262327.jpg

そしてこちらがタンユッケ。
値段は1300円と決して安くはないが、見た目以上に食べごたえはあり、
また、卵と絡めることで口の中が肉の脂で溶け、さらに卵でまろやかになる。

他にも冷麺やビビンバなどがある他、焼肉のセットも豊富にある。
明らかに肉気配満開の雰囲気なので、落ち着いてだとか優雅という世界とは無縁。
とにかく、おいしい肉を食べたいと言う人にはぜひお勧め。
食べようと思えばいくらでも食べられるし、それだけの味が揃っているお店ではあるが、
お腹の容量との相談には気をつけよう。うっかりすると明らかに食べすぎる。
[PR]
by lunaticfantasy | 2010-04-18 22:09 | 食べ歩き

061:ドラゴン飯店

場所:東京都新宿区 新宿ルミネエスト 7&8DINNER 8F
ジャンル:中華料理店
予算:1000円~1500円

値段:★★★☆
雰囲気:★★☆
味:★★★☆

お勧めランク:B

本格中華料理店とも、また一般の大衆食堂的な雰囲気とも違う、
あえて言えば、少しいい感じの台湾屋台のような感じのお店。

友人と2人で訪れ、頼んだのはこの店のイチオシメニューともなっている坦々麺。
これに、トンポーローご飯を追加。
a0045019_19354567.jpg

こちらが、一番人気メニューとも書いてあった麻辣担々麺。
坦々麺は辛さが段階表示されているが、これが最高段階の4。
香りはものすごく辛く咳込むほどなのだが、実際に食べてみると意外と辛さは激しくない。
スープはどちらかといえば醤油系か?少し酸味を感じた。即効性のある辛さだが、後にはあまり残らない。
ただ、麻「辣」かというと多少の疑問符。普通に辛いラーメンと考える方がいいかもしれない。
言い方を変えれば、あまり辛さとしてのクセはない。
麺は独特の色合いをしており、やや黒っぽい。少しコシが強めで、
食べた感じは韓国冷麺が少し太くなったような麺か。


a0045019_1959423.jpg

一方こちらは黒ゴマ坦々麺。
見るからに色が黒いが、味はいわゆるオーソドックスな坦々麺。
ゴマの味が麺にも絡み、スープももちろん濃厚。
辛さとしては4段階中3ではあるが、柔らかい辛さか。
麺のコシは強く、見た目以上に食べごたえはある。

a0045019_203240.jpg

こちらがトンポーローあんかけご飯。
全体にトンポーローにかかっているあんかけ風のたれが絡み合っており、しっかりした味。
しかし、しつこいかと言えばそうではなく、
中に入っているクワイ・フクロタケのおかげで複雑な食感があり、かつ濃い味を和らげてくれる。
ただし、量はさほど多いというわけでもない。男性なら麺と併せて1人で食べることも可能な量か。

最初は一般人お断りの激辛店かと思っていたが、意外と万人受け出来る味。
最初の激辛な香りと、実際食べてみた時の意外に深みのある味のギャップが大きい。
アクセスの良さの割に、値段がリーズナブルなのもプラス。
辛いものが全く駄目という人でない限りは、一度お試しあれ。
[PR]
by lunaticfantasy | 2010-04-18 20:45 | 食べ歩き

皐月賞 予想

明らかに逃げる馬はいないか。
そうなると先行勢が固まり、比較的ハイペースの展開になると予想する。
テン乗りの▲ヴィクトワールピサは速いタイムの対応力にやや疑問を感じる。
切るわけにはいかないが3番手評価。
主軸として考えたいのは◎エイシンアポロン。重場場への適性も高く、走りには安定感がある。
必ずしも勝つとは言い切れないが、連軸としては最適か。
マイラー色が強いとは思うが、皐月賞であればぎりぎり対応可能範囲内か。

○ローズキングダムは前走スプリングステークスの走りがあまりにも不甲斐ない。
しかし、馬体重が減り続けていることに加え、渋った馬場も影響したか。
ある程度前に付けた上で、中団差しを狙うことが出来れば勝ち目は十分。

他には、きさらぎ賞組のレベルを高く評価したい。
△レーヴドリアンの末脚の評価はもちろん、それをしのいだ△ネオヴァンドームも含めて考えるべきか。
穴馬からは☆ダイワファルコンを意識。
さすがにダイワメジャーの近親だからというだけで選ぶのはあまりにもバカバカしいが、
今回のレースが弥生賞と同じような馬場になるのであれば、
大人しく上位組は抑える必要はあるのではないか。

12-(4.5.13.14.15)
馬連で5点勝負。
[PR]
by lunaticfantasy | 2010-04-18 00:05 | 競馬

060:牛たん炭焼 利久

場所:東京都豊島区 JR池袋駅西口 ESOLA池袋7F
ジャンル:牛たん屋
予算:1500円~2000円

値段:★★★★
雰囲気:★★☆
味:★★★★

お勧めランク:A
池袋駅西口に出来た新しいショッピングビルの7Fにある牛タンのお店。
元々は仙台に本店があるが、東京に進出を果たした。
友人と2人で行き、頼んだのは私がまる得利久という、
牛タン・カレー・テールスープなどがセットになった定食。
友人は牛たんハンバーグ定食。

a0045019_23404198.jpg

まずメインの牛タン。肉汁がたっぷりで、牛タンならではの歯ごたえも十分。
a0045019_23412338.jpg

これのみならず、カレーライスにも牛タン、そしてテールスープにも肉(こちらは牛タンではない)が。
一品一品の量は決して多くないのだが、全てのメニューに肉が入っており食べごたえがすごい。

a0045019_23423276.jpg

他にはソーセージ。こちらも牛タンソーセージとなっており、牛タン独特の味わいが。
さらに牛タン燻というサラミのような物も。
a0045019_2343356.jpg


何しろ牛タンが基軸にあるメニューなので、見た目以上にボリューム感を感じることが出来る。
昼間と夜で値段が殆ど変わらないので、どちらかといえば夜向けか。
基本的に人気が高く、行列のできやすい店ではあるが、訪れる価値は十分。
少々店内が狭いのは気になるが、騒がしいお店ではないので、
じっくりと肉の味を楽しみながら、カレーなりソーセージなり、ハンバーグなりと、
様々な形での牛タン料理を楽しむのが一番か。
[PR]
by lunaticfantasy | 2010-04-06 23:45 | 食べ歩き

復活の呪文

IzayoiとTsukuyoが話していました。

T:「るるあは死んでしまった!
I:「ナムナム(-人-)

T:「復活の呪文とかしてくれないの!?

a0045019_22344725.jpg


a0045019_2235875.jpg


ザオラルやザオリクは蘇生呪文であって復活の呪文ではないと思います(。。)
ともあれ今日も平和です。
[PR]
by lunaticfantasy | 2010-04-06 22:35 | 観察日記