Izayoi(別名:Luna)の、どうでもいい話やどうでもよくない話など。


by lunaticfantasy

<   2010年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

カフェつく用語集

せっかくなので身内で使われているカフェつく用語をまとめてみました。
気に入った場合はぜひ使用してください。

1:ポニョ
金目鯛のポシェのこと。
その金銭的効率は他を圧倒する。
何となく語感が似ているという理由からこう呼ばれているが、
実は「のポ」以外の共通点はない。
Izayoiは金目鯛と本家のポニョが「なんか似てるじゃん!」というが、その判断についてはお任せします。

2:強制収容所
フロア内を全て椅子とテーブルとコンロだけで埋めた状態。
客が一列になって同じ食事を食べる様子はまさに刑務所の食事さながらである。

3:クレープアタック
とりあえず経験値を稼ぎたいときに、ひたすら10分おきに完成するチョコクレープを投入して、
短時間のうちに経験値を稼ぐこと。
本当はもっと効率がいいアイテムもあるのだが、作りやすいこともあって実行者が多い。

4:グリーンウォール
元々の意味は競馬の障害レースにおける緑色の素材を用いた竹柵障害のこと。
転じて、ここではプレゼント用アイテムのグリーンブッシュのこと。
観葉植物とは言い難い圧倒的存在感を、カフェの中でうまく活用するにはかなりのデザインセンスを要する。


今後も出てきたら随時更新します。
[PR]
by lunaticfantasy | 2010-06-30 19:45 | mixiアプリ

スポーツクラブ

コナミスポーツクラブに加入しました。

a0045019_23395993.jpg


仕事が変わって体を動かす機会が減ったことと、
通勤経路の途中に超絶にアクセスのいい場所がみつかったことが理由です。

やはり筋肉質な体を作りたいところ。
当面の目標は体脂肪率を15%以下にするところから。

a0045019_23412368.jpg

せっかくなので、現在の記録をプリントアウトしてみました。
これがどこまで変わるか?


ちなみに、今日のメニュー
背筋 35kg  15回
胸筋 35kg  15回
レッグプレス 120kg 15回
ハムストリングス 41kg 15回
腹筋 15回
これを2セットに、

ランニングマシン
8km/h 5分→10km/h 12分→8km/h 5分

エアロバイク 25分

これでトータル570kcal

体を締めるのはなかなか大変です。
[PR]
by lunaticfantasy | 2010-06-18 23:43
場所:東京都千代田区 東京駅そば 大丸東京店12F
ジャンル:そば屋
予算:1500円~3000円

値段:★★
雰囲気:★★★★
味:★★★☆

お勧めランク:C

東京駅そばにある大丸東京店の12Fにあるそばのお店。
窓の外には丸の内のビル群と、東京駅を見下ろすことが出来るという素敵なロケーション。

頼んだのはIzayoiが鳥天重と蕎麦のセット(蕎麦大盛り)。
そして、Tsukuyoは更科そばと穴子天の定食。

a0045019_23355342.jpg

鳥天重は、天丼の代わりに鳥天が乗った形。限定20食。
見た目以上に分量はあり、重箱にぎっしり。
一方蕎麦は辛口と甘口の2種類の味を楽しむことが出来る。
普通の蕎麦つゆに近い味なのは辛口。甘口は本当に甘めの醤油だが、これはこれでおいしい。

なお、大盛りの場合、+380円にはなるが、蕎麦が2枚になる。

a0045019_23393330.jpg

Tsukuyoが頼んだ蕎麦は更科そば。
透き通るような白い麺は細いうどんのようにも見えるが、味は立派にそば。
更科粉という、独特のそば粉を使っているとこういう色になるらしい。

穴子の天ぷらは全部で3つ。一つ一つはかなり大きめで、天つゆで食べる。
少し塩をまぶすだけで食べてもおいしいかもしれない。うなぎに比べて味がさっぱりしており、
少し胃が疲れているような時でも安心して食べることができる。

ちなみに、お椀の中に入っているご飯は、シャケと水菜が乗っていた。
ここまで、非日常的な食事を3食食べていた2人にとっては、現実に帰ってこれる優しい味といえる。

ロケーションなどを含めて値段の価値があるかないかと言えば、間違いなくあるのだが、
やはり普通に食べると2000円というのはハードルが高めか。
これでも大丸東京店12Fの中では一番安い方に属する。

都会のビジネスマン向けの落ち着いたお店。大人の雰囲気を味わうには向いているだろう。
[PR]
by lunaticfantasy | 2010-06-01 23:46 | 食べ歩き

064:Joe's SHANGHAI

場所:東京都豊島区 サンシャインシティ59F
ジャンル:中華料理店
予算:1500円~3500円(ランチ)

値段:★★★★
雰囲気:★★★★
味:★★★★☆

お勧めランク:A

ぐるナイの「ゴチになります!」でも使われた、サンシャインシティ59Fにある中華料理店。
夜は5000円を軽く突破するディナーコースが並ぶが、昼は比較的リーズナブル。

4人で訪れ、私が頼んだのは2500円のBコース。

まずは前菜。
a0045019_2381484.jpg

大根の甘酢漬けと、蒸し鶏の青ネギソース。
蒸し鶏は見た目以上に脂がしっかりと乗っていて、濃厚な味に。

a0045019_2393637.jpg

続いて出てきたのが小龍包。
画像にも映っているが非常に熱々で、サイズが大きい。
普通小龍包といえば、レンゲの上でつぶすものだが、
ここのは小鉢で皮を破って中のスープを飲む。
味はかなり濃厚。豚とカニ味噌の2種類。
カニ味噌はあまりクセを感じさせることはない。
豚の方は非常にこってりした味で、カニ味噌の方は濃厚ながらも後には残らない味。
少し味がしつこいと感じる人のために、黒酢も使えるようになっている。

a0045019_23125171.jpg

メインディッシュのエビチリ。
ニンニクはあまり効かせていないようで、食後が気になることはなさそう。
全体にネギをふんだんに使っていて、ソースはスイートチリをふんだんに使った辛目の味。
エビはもちろんプリプリ。サイズも大きめながらも、下品な大きさということはなく、
中までほどよい感じで熱が通っている状態。

a0045019_23144835.jpg

もう一つのメイン料理が中華風親子丼。
何が中華風かといえば、あんかけが使われていて、油がごま油。
量としてはそれほど多くはないのだが、満足感は絶大。
鶏肉はかなり多め。

ちなみに、Tsukuyoが頼んだ方は桜エビのラーメン。
a0045019_2317294.jpg

見た目通りのさっぱりとした塩ラーメン。
一つ前のメインディッシュで濃くなった口の中をさっぱりさせるには最適か。
水菜が乗っていてシャキシャキ感を味わえるのもプラス。
何より見た目がいい。

デザートは私が頼んだのがマンゴープリン。Tsukuyoは杏仁豆腐。
a0045019_23192690.jpg

マンゴープリンは、マンゴーの甘みと酸味が十分に生かされている。
口当たりは柔らかいが、かなり濃厚。

a0045019_23204522.jpg

一方こちらが杏仁豆腐。
パンナコッタのような杏仁豆腐という名の通り、とにかくクリ―ミー。

値段のリーズナブルさはかなりのもので、
今回画像はないが、1500円のメニューの場合、メインが1品になる代わりに、
この日は豚の角煮についてくるご飯は食べ放題。

この日は若干接客で微妙な部分はあったものの、
都心部59Fというロケーション、質・量双方に関する満足感は申し分ない。
[PR]
by lunaticfantasy | 2010-06-01 23:24 | 食べ歩き

ダイニングメッセージ

日本ダービーを観戦しに行ってきました。
こちらの結果は3連複200円と、ローズキングダムの複勝を700円ゲット。
合計24700円。

この日はTsukuyo・エルミート・のりの3人と一緒にダービー観戦。
そして、その後エルミート家へ。

今日の夕食は松阪牛のすき焼きです。

エルミート家の実家から牛肉が送られてきました。

a0045019_2252860.jpg


クオリティがすごすぎです。
こんな肉テレビでしか見たことありません。

あまりのクオリティに倒れてしまいました。

a0045019_226136.jpg


事件発生です。
被害者は何かメッセージを残しているようです。

a0045019_2262723.jpg


つまり、犯人は肉。
見事に瞬殺されたようです。
(出演:Izayoi)


この後肉は見事なすき焼きとなって、大満足。
翌朝も肉とうどんを追加して、卵とじすき焼きに。

超豪勢な1泊2食でしたが、この日はこれだけでは終わりません。
(続きは食べ歩きへ。)
[PR]
by lunaticfantasy | 2010-06-01 22:09