Izayoi(別名:Luna)の、どうでもいい話やどうでもよくない話など。


by lunaticfantasy

<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2人にお勧めのカクテル

Izayoi、Tsukuyoともに、お酒は決して飲めないわけではありませんが、
あまり飲む機会はありません。
どちらかと言えば食事に添えて飲むという方が好きで、
そういう時にはカクテルを頼むことが多いです。

そんなわけで、カクテル検索で2人に合ったカクテルを探してみることに。

Izayoiの検索条件
口当たり:ライトorミディアム
色:ブルー(グリーン・バイオレット)
度数:弱い~普通
味:甘口~中口
ベース:ジンorウオッカ

検索結果:1件
BLUE MOON


Tsukuyoの検索条件
口当たり:ミディアム
色:赤(ピンク)
度数:普通
味:中甘~中口
ベース:ウオッカ

検索結果:1件
COSMO POLITAN

結構2人にあったカクテルが見つかったと思います。
味もかなり好みの路線。
バーカウンターでこれを頼んでみたいものですね。
[PR]
by lunaticfantasy | 2010-07-15 23:06
翌朝は6時50分に起床。
前回からモーニングコールをお願いするとコーヒーが届くという情報をキャッチしたので、今回も実行。
そしてドアの前にはコーヒーが。
1人で2杯、計4杯は飲めるだけの量が入っています。
そして新聞も届く。
(前回は新聞休刊日でした)

Izayoiは朝日新聞、Tsukuyoは読売新聞なのですが、
今回も2紙が届いていました。
元々私が予約していた時は朝日新聞、その後Tsukuyoが予約した時には読売新聞を頼んでいたのですが、
去年の12月に2人で宿泊した時には、Tsukuyoの予約だったので、
「朝日新聞でお願いします」と伝えたところ、

なんと両方が届くことに。
こういう部分を覚えてもらっているというのは気分がいいです。
前日に置かれていたチョコレートをつまみながら新聞を読んで朝食へ。

朝食は特別に何かが絶品というものではないものの、
全体に元気が出るメニュー構成。

1皿目はサラダメイン、2皿目では肉料理をメインで、
ご飯と味噌汁を味わいながら34階の風景を楽しんでいました。

部屋に戻ってTVを見たりしながらいつの間にか11時。
チェックアウトの時間です。

最後の軽食は今までよりも少しラインナップが増加。
前回泊まった時3人の間で好評だったホットサンドは今回も作れました。
チェックアウト手続きを済ませて支払を。
(最初は前払いだったのに前回から後払いに)
チェックアウト後もしばらく滞在可能なので、ロスタイムを満喫。
12時頃になっていよいよクラブフロアを出ることに。
既にホテルマンの人ともかなり顔が分かる状態になっているので、

「この後のご予定は?」
「東京に戻って明日から仕事です」
「今夜から仕事です。。;」

「またのお帰りをお待ちしております」

この見送ってもらう瞬間までがまさに最高級の時間。
今回も楽しい滞在となりました。次は多分12月、私の誕生日に合わせてということになりそうです。
・・・それまでにも、下の方には訪れている可能性は少なからずありえそうですが。
[PR]
by lunaticfantasy | 2010-07-14 22:37
7月11日~12日にかけて、リッツカールトン大阪のクラブフロアに滞在してきました。
今回の目的は、一つは私の司法書士試験の疲れをいやすため、
そしてもう一つ(こちらがメイン)は、
Tsukuyoの誕生日を祝うため。
もっとも、誕生日は約1か月後なのですが、夏は人が混雑する(去年Tsukuyoが大変だった)ので、
この時期に早めの誕生日をすることに。

まずはチェックイン。本来の時間は15:00チェックインなのですが、到着時間は14:40。
少し待つ必要があるなと思ったところ、入口のポーターの人が、
「ご宿泊ですか?」

「○○ですけど、クラ・・・」
「ああ、いつもの。こちらへどうぞ。」
「あの、チェックインは・・・?」
「私が伝えておきますので結構です」

結局フロントカウンターへ行くことなく今回のチェックインは行われてしまいました。
どんなけ顔を覚えられているのか。
(なお、Tsukuyoは7回目。私も5回目)

チェックイン後はクラブフロアでのんびり。
飲み物を聞かれたところ(フリードリンクです)、
「レモンスカッシュありますか?」
「お作りしましょうか?」

当然お願いすることに。果汁を搾ったばかりの新鮮なレモンスカッシュを楽しめました。
ガムシロップ?そんなものは私はいりません。

そして、ここでホテルスタッフの方から
「お誕生日おめでとうございます」ということで、イチゴショートケーキ(結構大きい)をプレゼントされました。
Tsukuyoは母親の誕生日の時にも訪れていたので初めてではなかったようですが、
もちろん何度もらってもうれしいもの。
クリームは柔らかい甘み、スポンジもしっとりしていて味はさすがでした。
ちなみに、部屋にもチョコレートとドライフルーツが置かれていました。

5回目ともなると、感覚的にも慣れてくるので、あえて写真などを取ることはせず、
のんびりと食事を楽しむことに。
基本5食あり、全てビュッフェ形式の食べ放題ですが、
食べ方にも慣れてきたので、ほどほどの満足感で止めることに。

今回の一つのメインは、
フィットネスフロアにあるプールへ行くこと。
事前に確認していた情報では、

「部屋からバスローブでエレベーターで6階に向かう」
(※部屋は34階)

クラブフロアの目の前のエレベーターで?
しかも正装する人も使うエレベーターで?
そこをバスローブで通るの?

様々な疑問と不安の中、改めてホテルの人に確認。

「フィットネス使いたいんですけど・・・」
「部屋から水着を着て6階に向かってください。」


まじですか。


部屋に戻って準備して、躊躇すること15分。
「よし、行こう」
ここに来るようになってから最大の緊張感が2人を支配する中、バスローブを着て部屋から出ました。
すると、いきなりホテルマンの人と遭遇。むしろ緊張感がほぐれる。

プールは3コース20m。
横にはジャグジーがあり、屋外にも同様のジャグジーが。
プールは案外体が冷えるものなので、こういうのは大きなプラス。
というより、温度が適温で熱いお風呂が苦手な私にも気持ちよく入れる温度。

1時間半ほど、泳いだりジャグジーに入ったりしながら心地よい疲労を感じました。
プールへ行く途中に、フィットネスエリアも見えましたが、意外とスペースが広そうで、
次はこちらにも行ってみようということに。

その後の夕食は、豚のロースが絶品。
大振りなカルパッチョも美味しく楽しめました。何の魚だったのだろう。
シーフードパエリアもあり、ご飯ものが必要な私にも優しいラインナップ。

夜のナイトキャップは今までよりも全体にメニューの数が増加していた感じ。
私はチャイナブルーとグレープフルーツベースのカクテルの計2杯を頼みました。
Tsukuyoは1杯めにシャンパンをグァバジュースで割ったものを頼み(最初はストロベリーシャンパンを頼むも、切らしていた模様)、2杯目は口直し。
人の数は少なくなかったですが、それぞれが自分の空間の中で楽しく話しているという状態で、
決して騒がしく感じることもなく、楽しい夜の時間を過ごすことができました。

(続きはVol.2へ)
[PR]
by lunaticfantasy | 2010-07-12 21:04