Izayoi(別名:Luna)の、どうでもいい話やどうでもよくない話など。


by lunaticfantasy

<   2011年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

高松宮記念・予想

例年ドバイワールドカップの影に隠れて今一つ目立たない高松宮記念。
今年はヴィクトワールピサの優勝で、今月の競馬熱を燃焼させきってしまった感も否定できない。

しかし、阪神競馬場で行われる今回は、久々に国内の面子もそろった。

1-1 レッドスパーダ(牡5、横山典弘、美・藤沢和雄)
1-2 ショウナンアルバ(牡6、蛯名正義、美・二ノ宮敬宇)
2-3 サンダルフォン(牡8、武豊、栗・松永幹夫)
2-4 キンシャサノキセキ(牡8、U.リスポリ、美・堀宣行) ◎
3-5 ジョーカプチーノ(牡5、藤岡康太、栗・中竹和也) ○
3-6 アーバニティ(牡7、四位洋文、美・古賀慎明)
4-7 スプリングソング(牡6、池添謙一、栗・鶴留明雄) ☆
4-8 サンカルロ(牡5、吉田豊、美・大久保洋吉) △
5-9 ヘッドライナー(セン7、幸英明、栗・西園正都)
5-10 サマーウインド(牡6、福永祐一、栗・庄野靖志)
6-11 シンボリグラン(牡9、北村宏司、美・畠山吉宏)
6-12 ビービーガルダン(牡7、佐藤哲三、栗・領家政蔵)
7-13 ダッシャーゴーゴー(牡4、川田将雅、栗・安田隆行) ▲
7-14 エーシンフォワード(牡6、岩田康誠、栗・西園正都) △
8-15 ワンカラット(牝5、藤岡佑介、栗・藤岡健一)
8-16 ウエスタンビーナス(牝8、柴田善臣、美・鈴木康弘)

3強体制の今回はどれが勝ち馬とはっきりと言い切るのが難しい。
しかし、◎キンシャサノキセキの安定感を評価すべきだろう。
1200m戦は13戦で複勝圏内が10回。今年もオーシャンステークスで59kgを背負いながら2着したのを見る限り、
8歳になった現在でもベストに近い状態を維持しているように見える。
阪神の実績もあるだけに、3着軸とするには最適だろう。

○ジョーカプチーノは4歳冬からようやく本格化してきた。
1200m戦は現在パーフェクト勝率。
シルクロードステークスの勝ち方はやはり強かった。32秒台で京都内回りを上がれる馬はそう多くない。
直線の坂についても中山での実績を考えると、特に問題とはしないはず。
1番人気でおいしさを感じさせる馬ではないが、
人気どおりの走りに答える可能性は十分。

▲ダッシャーゴーゴーは3歳の段階でセントウルステークスを制覇。
スプリンターズステークスも降着したものの2位入線と、
これからのスプリント界を引っ張っていける存在であるということがでいるだろう。
オーシャンステークスで58kgを背負って勝利した実力は素直に評価すべき。

△エーシンフォワードは昨年のマイルCSをレコードで勝利。
香港マイルも4着と、決してフロックでないことは見せつけた。
もともとはマイル未満の距離で走っていた馬。人気の盲点になっているのはこれか。

△サンカルロは阪急杯を勝利してここに挑んできた。
1200mのレースはこれまでも実績を残せていないが、
昨年のスプリンターズ3着、高松宮記念4着と、常に一線級を相手に互角の勝負をしてきている。
前走を本格化の狼煙と見るならば、一気の奪取もあるだろう。

☆スプリングソングは元々京都巧者の印象がある。
しかし、京都内回りの小回りをこなしている以上、坂への適性があればここでも好勝負を期待してよい。
未知の可能性という点ではサマーウインドもいるが、芝への実績が既にある以上は、
こちらに阪神適性への可能性を求めるほうが妥当だろう。

3連複
4-(5・7・8・13・14)
以上10点で勝負。
[PR]
by lunaticfantasy | 2011-03-27 08:58 | 競馬