Izayoi(別名:Luna)の、どうでもいい話やどうでもよくない話など。


by lunaticfantasy

安田記念展開予想

a0045019_2305575.jpg

ハナを奪い合うのはコンゴウリキシオーとマイネルスケルツィ。そこにエイブルワンが絡んでくるか。激しい先行争いになりそう。
その上で好位追走するのがダイワメジャー。脚質転換したキストゥヘヴンや復活を狙うオレハマッテルゼも先行勢。
その後ろにはディアデラノビア・アドマイヤキッスなどが追いかけ、エアシェイディは後方気味。ジョイフルウィナーも末脚勝負とするか。最後方はジョリーダンス。

現在の東京は前残り組と差し組の両方が組み合わさる形で決着している。
先行勢2頭・差し馬1頭か先行1頭・差し馬2頭の組み合わせを考えたい。

ペースは激しい先行争いによってハイペース気味となると予想。となると逃げ馬3頭はつぶれるか。あえてスローの可能性を考えれば、力関係から残るのはコンゴウリキシオー。エイブルワンは一発屋というのが橋口厩舎の見解。

勝つかどうかは別にして、ペースに左右されずに好位追走・直線で抜け出す脚を持つダイワメジャーは軸として信頼する価値は十分。そこに差し馬の絡みを考えると、東京新聞杯で32秒7の勝ちタイムを残している高松宮杯馬スズカフェニックス、さらに橋口厩舎としては3着固定軸のディアデラノビアは差し馬の最有力候補。
ジョイフルウィナーは昨年の結果を見ても分かる通り日本の馬場への適性はある。近走の安定した成績を考えても今年も上位に食い込んでくる可能性は高い。
逆を言えば、香港馬はジョイフルウィナー以外は馬場適性への疑問、一発屋の評価しか出来ない。残り3頭は消しで十分。
エアシェイディは重賞2着多数、さらに屋根が横山典弘と2着コンビだがさすがにGIでは力が足りないと見える。


本命は◎ダイワメジャー
対抗は○ジョイフルウィナー
単穴評価は▲スズカフェニックス
抑えに△ディアデラノビア、△コンゴウリキシオー
一発警戒は☆エイシンドーバー
[PR]
by lunaticfantasy | 2007-06-02 22:57