Izayoi(別名:Luna)の、どうでもいい話やどうでもよくない話など。


by lunaticfantasy

宝塚記念展開予想

(今回は忙しかったので画像がありません)

逃げを打つのはアドマイヤメイン・アサクサキングス。大逃げになる可能性もあるか。
ローエングリン・インティライミも恐らく逃げてくる。
先行集団ではシャドウゲイトが前に行くか。コスモバルクも前に出る。
メイショウサムソン・ダイワメジャーはお互いをマークする形で4・5番手付近。
ポップロックは両馬を見る形ですぐ後ろに控える。

差し勢ではウオッカは今回は中団やや前よりに位置取りそう。
スウィフトカレント・カワカミプリンセスは差し脚で勝負するか。
アドマイヤムーンは追い込みにかけて後方待機。

以上を見ても分かるように、今回はとにかく先行勢が多い。
かなりのハイペース、もしそうならなければラップが緩むことのないペースになる可能性が高い。
文字通りの消耗戦となる。

となれば、経験がものを言う。
現在の阪神の高速馬場は言うまでもないのだが、上がりの速い馬=勝てる馬となっていないのが現状。むしろ、前に出て粘りこむ展開が多い。瞬発力よりも勝負根性が重視されるだろう。

とはいえ、いくらなんでもハイペースの逃げに持ち込んでそのまま粘りきれるほどメンバーは甘くない。となると先行勢の中から有力な馬を引っ張ってくるのが妥当なところか。
そこに差し馬が1頭突っ込んでくるなら何が来るかという展開。

◎ダイワメジャーを本命とする。
本質はマイラーだとは思うが、スタミナ十分のマイラーであることは有馬記念の3着で証明済み。並びかけて相手を競り落とす勝負根性は半端じゃない。距離の不安を一掃してくれることを期待したい。
○メイショウサムソンは3200mの天皇賞・春を勝利してやはりステイヤー血統と言う評価が生まれているように思えるが、あれは京都の高速馬場に助けられて3200mのスタミナを必要とせずに勝利したもの。あのレースで見えたものは、豊富なスタミナではなく、高速馬場への対応力と勝負根性の凄まじさ。本質は中距離馬であると考える。ダイワメジャーの強さは半端じゃないが、このメンバーでも実力上位。

▲ウオッカは斤量51kgとアドバンテージは7kg。ダービーで見せた末脚は本物。実力のこのハイレベルなメンバーでも上位だとは思うが、さすがに春の段階で古馬と対決して勝てると言いきれるほど古馬は甘くない。
他、2年間国内で馬券をはずしていない△ポップロック・レーティングなら国内トップの△アドマイヤムーンを抑える。ムーンは坂が苦手なのではないかという危惧があるのだがどうだろうか。

☆カワカミプリンセスは前走の大敗が気になるが、そもそもGIにぶっつけで臨むこと自体が相手をなめている。1叩きした今回が本番と言えるだろう。人気を落としたときの幸四郎は突っ込んでくる。
あと、斤量からアサクサキングス・国際GI馬としてシャドウゲイトを抑える。

3連複
11-17-(2・5・6・7・14・15)
各400円
[PR]
by lunaticfantasy | 2007-06-24 09:20